過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

核酸に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
アデニンとシトシンは、相補的塩基対をなす。
 2 . 
DNAポリメラーゼは、DNAを分解する。
 3 . 
ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法は、DNAを増幅する。
 4 . 
RNAは、チミンを含む。
 5 . 
tRNA(転移RNA)は、脂肪酸を運ぶ。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 3 です。

1 DNAにおいては、アデニン(A)とチミン(T)、グアニン(G)とシトシン(C)が相補的塩基対をなしています。RNAにおいては、チミンがウラシルに置き換わります。

2 DNAポリメラーゼはDNAを合成して、伸長させる酵素です。

4 RNAはアデニン、ウラシル、シトシン、グアニンを含みます。

5 tRNAはアミノ酸を運びます。
mRNAの塩基配列を読み取り、tRNAが決められたアミノ酸を運ぶことによって、タンパク質が合成されます。

2015/08/05 22:32
ID : ytvubsbkt
1

正解は 3 です。

1:アデニンとチミン、グアニンとシトシンが、それぞれ相補的塩基対をなしています。

2:DNAポリメラーゼは、DNAを合成します。

4:DNAはアデニン、チミン、グアニン、シトシンを含みます。RNAはアデニン、ウラシル、グアニン、シトシンを含みます。

5:tRNAは、アミノ酸を運びます。

2015/01/29 08:32
ID : xcqtoykmkd
0

正解は 3 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/アミノ酸・たんぱく質・糖質・脂質・核酸の構造と機能からの出題です。

1.アデニンと相補的塩基対をなすのはチミンです。シトシンはグアニンと対をなします。

2.DNAポリメラーゼは、DNAを合成します。別名はDNA合成酵素です。

3.記載の通りです。ポリメラーゼ連鎖反応法は、酵素反応によって特定の遺伝子配列をもつ二本鎖DNAを繰り返し複製して増幅する方法です。

4.RNAを構成する塩基は、アデニン、シトシン、グアニン、ウラシルです。チミンはDNAを構成します。

5.tRNA(転移RNA)が運ぶのは、アミノ酸です。決まったアミノ酸と結合します。

2016/05/29 13:45
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。