過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

アミノ酸・たんぱく貿の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
ユビキチンは、たんぱく質合成に関与する。
 2 . 
γ-アミノ酪酸(GABA)は、チロシンから生成される。
 3 . 
プロテアソームは、たんぱく質の分解に関与する。
 4 . 
ドーパミンは、グルタミン酸から生成される。
 5 . 
オートファジー(autophagy)は、過食によって誘導される。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 3 です。

1 ユビキチンは、細胞内でのタンパク質の分解に関与しています。ユビキチンが修飾したタンパク質は、プロテアソームによって分解されます。

2 γ-アミノ酪酸は、グルタミン酸から生成されます。

4 ドーパミンはチロシンから生成されます。

5 オートファジーとは、飢餓時に生じるタンパク質の分解作用のことで、自食作用とも呼ばれています。エネルギーを得るためにリソソームにおいてタンパク質が分解されます。

2015/08/06 21:23
ID : ytvubsbkt
0

正解は 3 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/アミノ酸・たんぱく質・糖質・脂質の代謝からの出題です。

1.ユビキチンは不要なたんぱく質に共有結合し、たんぱく質の分解に関与します。

2.γ-アミノ酪酸(GABA)は、グルタミン酸から生成されます。

3.記載の通りです。ユビキチン-プロテアソーム系という、たんぱく質を分解する機構です。

4.ドーパミンはチロシンから生成されます。

5.オートファージは自食作用ともいい、栄養飢餓のときに自分自身の一部を分解して栄養素を得る反応を起こします。そのため絶食で誘導されます。

2016/05/29 14:10
ID : oovsedpp
0

正解は 3 です。

1:ユビキチンは、細胞内でたんぱく質を分解します。

2:γ‐アミノ酪酸は、グルタミン酸から生成されます。

4:ドーパミンは、チロシンから生成されます。

5:オートファジーとは、自食作用とも呼ばれ、細胞内のたんぱく質を分解する作用のことです。異常なたんぱく質を排除するなどの目的の他、たんぱく質の不足時には必要なアミノ酸を確保するために、あえてたんぱく質を分解します。つまり過食時ではなく、飢餓時にオートファジーは誘導されます。

2015/01/30 10:55
ID : xcqtoykmkd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。