過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

加齢に伴う変化に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
起立性低血圧は、廃用症候群でみられる。
 2 . 
ロコモティブシンドロームは、更年期障害をきたす。
 3 . 
パーキンソン病は、認知症の原因となる。
 4 . 
悪液質は、サルコペニアをきたす。
 5 . 
老年症候群では、日常生活動作(ADL)が低下する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 2 です。

ロコモティブシンドロームとは骨や筋肉など運動器の傷害により、要介護になるリスクが高い状態のことを言います。
よって更年期障害との因果関係はありません。

2015/08/07 22:20
ID : ytvubsbkt
0

正解は 2 です。

ロコモティブシンドロームとは、運動器の障害により、要介護になるリスクの高い状態になることです。運動器の障害の原因には、運動器自体の疾患と、加齢による運動器機能不全があります。

2015/01/30 17:13
ID : xcqtoykmkd
0

正解は 2 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/加齢・疾患に伴う変化からの出題です。

1.廃用症候群とは、生体器官の活動が制限されることで臓器が萎縮して、本来の機能に支障をきたした状態のことです。起立性低血圧は長い期間臥床で交換神経の活動が低下すると起こります。

2.ロコモティブシンドロームは運動器の障害のために自立度が低下して、介護が必要となる危険性の高い状態のことです。

3.パーキンソン病の患者の約20%に認知症がみられるとされています。

4.悪液質は栄養不良によって衰弱し、骨格筋などが顕著に減少するような状態です。サルコペニアは筋肉量が減少していく現象のことですので、結びつきます。

5.老年症候群では生活機能低下、うつ状態、転倒、失禁、低栄養が見られます。

2016/05/30 17:31
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。