過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

症候と検査に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
浮腫は、血漿膠質浸透圧の上昇により生じる。
 2 . 
直腸温は、腋窩温より低い。
 3 . 
チアノーゼは、血清クレアチニン値の上昇により生じる。
 4 . 
吐血は、呼吸器からの出血である。
 5 . 
黄疸は、血清ビリルビン値の上昇により生じる。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
3

正解は 5 です。

1 浮腫は血漿膠質浸透圧が低くなると発症します。血漿膠質浸透圧とは、血漿中のアルブミンなどのタンパク質が、間質液を引き付ける圧力のことです。この圧力が低いと、間質液が増加し浮腫を生じます。

2 直腸温は腋下温よりも高温です。体温は、直腸温、口腔温、腋下温で計測され、直腸温が最も高く、腋下温が最も低くなります。

3 チアノーゼは還元ヘモグロビンの上昇によって生じます。

4 吐血は消化管からの出血、喀血は呼吸器からの出血のことを言います。

2015/08/07 23:36
ID : ytvubsbkt
0

正解は 5 です。

1:浮腫とは、組織間液が異常に増加し、腫脹して見える状態のことです。

2:直腸温は、腋下温よりも高いです。

3:チアノーゼは、還元ヘモグロビンが増加した状態です。動脈血の酸素飽和度低下、または皮膚・粘膜の血流の低下で生じます。

4:吐血は、消化管からの出血が口腔から排出されることです。呼吸器における出血は、喀血といいます。

2015/01/30 17:27
ID : xcqtoykmkd
0

正解は 5 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/疾患診断の概要からの出題です。

1.浮腫は、血漿膠質浸透圧の低下によって生じます。血漿膠質浸透圧は低下すると血管内に入る水分が減少して、組織に水分が貯留して浮腫となります。

2.直腸温の方が腋窩温よりも0.8~0.9℃ほど高くなるとされています。

3.チアノーゼは、還元ヘモグロビン値が5g/dl以上になった時に生じる症状です。

4.吐血は消化器からの出血です。呼吸器からの出血は喀血です。

5.記載の通りです。黄疸とは増加したビリルビンが血管外に浸透して、組織を黄色く染めている状態です。

2016/05/30 17:41
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。