過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち    管理栄養士 過去問 | 無料の過去問題

問題

血液検査に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
HbA1cは、過去1~2週間の血糖値を反映する。
 2 . 
CRP(C反応性たんぱく質)は、炎症の指標として利用される。
 3 . 
PSAは、胃がんの腫瘍マーカーである。
 4 . 
ALTは、ASTより肝特異性が高い。
 5 . 
血清アルブミン値は、ネフローゼ症候群で上昇する。
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
0

正解は 2と4 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/疾患診断の概要からの出題です。

1.HbA1cが反映するのは、過去2か月程度の血糖値の状態です。

2.記載の通りです。疾患を特定することはできませんが炎症の有無を判断するのに役立ちます。

3.PSAは、前立腺がんの腫瘍マーカーです。胃がんの腫瘍マーカーにはCEA、STNなどがあります。

4.記載の通りです。ALTは肝臓に最も多いので、肝特異性が高くなります。

5.ネフローゼ症候群では血清アルブミン値は低下します。たんぱく尿としてアルブミンが尿中に排泄されてしまうためです。

2016/05/30 17:46
ID : oovsedpp
付箋メモを残すことが出来ます。
-1

正解は 2と4 です。

1:HbA1cは、過去1~2か月間の血糖値を反映します。

3:PSAは、前立腺がんの腫瘍マーカーです。

5:血清アルブミン値は、ネフローゼ症候群では低下します。

2015/01/30 17:35
ID : xcqtoykmkd
-2

正解は 2と4 です。

1 HbA1cは、過去1~2か月の平均血糖値を反映します。
HbA1cとは、グリコヘモグロビンのことで、血中のグルコースとヘモグロビンが結合した状態の物質です。

3 PSAは前立腺がんの腫瘍マーカーです。
PSAは主に前立腺から精液に分泌されるたんぱく質ですが、血中にも存在します。他の臓器のがんではこの血中濃度に変化はなく、前立腺がんに罹患すると血中濃度が高くなることから、前立腺がんの腫瘍マーカーとして用いられています。

5 血清アルブミン値は、ネフローゼ症候群では低下します。
ネフローゼ症候群とは腎臓のろ過機能が低下し、人体に必要なたんぱく質も体外に排出してしまう状態のことです。

2015/08/10 20:29
ID : ytvubsbkt
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。