過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

ホスピスにおける緩和医療に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
延命目的の抗がん剤の投与は、行わない。
 2 . 
エネルギー量は、30 kcal/kg 標準体重/日以上を確保する。
 3 . 
薬物の投与は行わない。
 4 . 
誤嚥のリスクがあれば、経口摂取を禁忌とする。
 5 . 
低栄養患者には、中心静脈栄養(TPN)を行う。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 1 です。

WHOは緩和ケアを「生命の脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処を行うことによって、苦しみを予防し、和らげることでQOLを改善するアプローチである」と定義しています。

2 本人のQOLの向上のため、食事は必要なエネルギー量よりも患者の意思が尊重されます。その為明確な基準は設けられていません。

3 病気の完治を目的とした投薬は行いませんが、痛みなどの症状緩和のためには投薬も行います。

4 誤嚥のリスクがある患者でも、経口摂取が本人のQOLの向上につながるのであれば、必ずしも経口摂取が禁忌になるわけではありません。

5 低栄養患者でも延命が目的のTPNである場合はその処置を行いません。

2015/08/10 21:04
ID : ytvubsbkt
0

正解は 1 です。

ホスピスでは緩和ケアを行います。緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、 心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、 苦しみを予防し、和らげることで、クオリティ・オブ・ライフを改善するアプローチのことです。

2015/01/30 17:57
ID : xcqtoykmkd
0

正解は 1 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/疾患治療の概要からの出題です。

1.記載の通りです。緩和医療で用いられることはありますが、目的はQOLの向上であって延命ではありません。

2.エネルギー量は患者によって必要量が異なります。

3.患者のQOLの改善や苦痛の緩和を目的に、薬物が用いられることもあります。

4.誤嚥の危険があっても患者に経口摂食の希望があれば、それに応えます。

5.低栄養患者にもできるだけ経口栄養や経腸栄養を行います。

2016/05/30 18:02
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。