過去問.com
過去問.com  >   管理栄養士 過去問  >   過去問題 一覧  >   管理栄養士 過去問 第28回 一覧  >   人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 問題15031
問題

管理栄養士 過去問
人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 問題15031

炎症性腸疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
クローン病は、S状結腸に好発する。
 2 . 
潰瘍性大腸炎は、大腸がんのリスク因子である。
 3 . 
クローン病は、50歳代に好発する。
 4 . 
クローン病の活動期では、食物繊維の摂取を勧める。
 5 . 
潰瘍性大腸炎の患者数は、クローン病より少ない。
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
1

正解は 2 です

1 クローン病は消化管の全てに炎症が生じますが、特に回腸部分に多く発生します。

3 クローン病は10~20代の若者に多く発症しています。

4 活動期は炎症が激しく経口摂取による栄養療法が困難なため、静脈栄養や経腸栄養が用いられることが多くなります。

5 クローン病の患者数よりも、潰瘍性大腸炎の患者の方が多くいます。

2015/08/11 14:48
ID : ytvubsbkt
付箋メモを残すことが出来ます。
0

正解は 2 です。

クローン病では、口唇から肛門までのあらゆる部位に病変が生じます。患者は若年層に多いです。急性期には絶食とし、完全静脈栄養法または経腸栄養法が適用されます。食事摂取可能となったら、高エネルギー・低脂肪・低残渣の食事療法を行います。

潰瘍性大腸炎では大腸にのみ病変が生じます。こちらも患者は若年層に多いです。

2015/01/31 17:33
ID : xcqtoykmkd
-1

正解は 2 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/消化器系からの出題です。

1.クローン病が好発する部位は、小腸の回盲部です。

2.記載の通りです。罹患部位が広範囲にわたる場合に、特にリスクが高いことが知られています。

3.クローン病は10代後半から20代にかけて、発症が好発します。

4.クローン病の治療では栄養療法がとられ、症状を悪化させる食物繊維や高脂肪食は避けられます。

5.患者数では潰瘍性大腸炎の患者数の方が上回ります。

2016/06/03 09:05
ID : oovsedpp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ アプリ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。