過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

腎・尿路系の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
尿細管で再吸収される原尿は、糸球体でろ過された量の約1%である。
 2 . 
血液中の赤血球は、糸球体でろ過される。
 3 . 
エリスロポエチンは、カルシウムの再吸収を促進する。
 4 . 
レニンは、尿管から分泌される。
 5 . 
心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)は、ナトリウムの排泄を促進する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 5 です。

1 原尿の99%は再吸収されます。1%が尿として排出されます。

2 赤血球は糸球体でろ過されません。
水、グルコース、電解質、血漿成分のうち低分子の物など、基底膜を通過できる大きさのものがろ過されます。

3 エリスロポエチンとは腎臓から分泌され、赤血球の増殖と成熟に関与するホルモンです。

4 レニンは腎臓の傍糸球体細胞から分泌されます。

2015/08/11 23:18
ID : ytvubsbkt
1

正解は 5 です。

1:原尿の99%が尿細管で再吸収されます。

2:赤血球は糸球体では濾過されません。濾過されるのは、水、アミノ酸、グルコースのような低分子物質や、無機イオンなどの微粒子です。

3:腎臓で産生されるエリスロポエチンは、骨髄に働き赤血球の産生を刺激します。

4:レニンは腎臓の傍糸球体細胞から分泌されます。

2015/02/01 15:21
ID : xcqtoykmkd
0

正解は 5 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/腎・尿路系からの出題です。

1.糸球体で濾過された原尿は、最終的には約99%が再吸収されます。

2.血液中の赤血球は糸球体では濾過されません。糸球体は毛細血管が束になったものなので、大きな分子のたんぱく質や血球などは濾過できません。

3.カルシウムの再吸収を促進するのは、副甲状腺ホルモンのパラトルモンです。エリスロポエチンは骨髄での赤血球産生を促進します。

4.レニンは傍糸球体装置から分泌されます。

5.記載の通りです。集合管でナトリウムの再吸収を抑制して、尿量を増加させます。

2016/06/03 09:20
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。