過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

慢性閉塞性肺疾患(COPD)に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
動脈血中の酸素分圧は、上昇する。
 2 . 
喫煙は、リスク因子である。
 3 . 
安静時エネルギー消費量(REE)は、減少する。
 4 . 
呼吸機能検査では、拘束性障害のパターンを示す。
 5 . 
食欲は、増進する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 2 です。

1 動脈血中の酸素分圧は低下します。

COPDは肺気腫と慢性気管支炎など、気道から肺にかけての疾患を包括的に述べたものです。
気管支の炎症により空気の流入がしづらくなること、肺胞壁の破壊で酸素と二酸化炭素の交換機能が低下してしまうこと、肺胞の弾性が失われ二酸化炭素の排出が困難になることなどがその理由です。

3 呼吸筋の運動量が増加するため、安静時エネルギー消費量は増加します。

4 呼吸機能検査では閉塞性障害のパターンを示します。

閉塞性障害⇒一秒率の低下(呼気がうまく排出できない)
拘束性障害⇒肺活量の低下(吸気が思うように吸い込めない)

5 息苦しさから食欲は低下します。

2015/09/09 21:30
ID : ytvubsbkt
0

正解は 2 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/呼吸器系からの出題です。

1.換気能力や肺拡散能力が低下するので、酸素の取り込むは不十分となり、酸素分圧は低下します。

2.記載の通りです。喫煙はCOPDの最大のリスク要因です。

3.呼吸筋のエネルギー消費量が増えるので、安静時エネルギー消費量は増加します。

4.呼吸機能検査では、閉塞性障害のパターンを示します。

5.食欲は低下します。残気量が増えて胸郭が胃を圧迫したり、咀嚼・嚥下中に呼吸停止が起こって疲労したりすることによります。

2016/06/03 09:45
ID : oovsedpp
0

正解は 2 です。

1:慢性閉塞性肺疾患は、喫煙や遺伝的要因などが原因となり、末梢気道の狭窄化と、気腫性変化による肺の弾性収縮力の低下によって、気流の制限が生じた状態です。従って、動脈血中の酸素分圧は低下します。

3:気道閉塞と換気効率の低下により呼吸筋の酸素消費量が増加するため、安静時エネルギー消費量が増加します。

4:肺活量の低下を「拘束性障害」、1秒率の低下を「閉塞性障害」といいます。慢性閉塞性肺疾患では、1秒率が低下する閉塞性障害のパターンを示します。

5:食欲は低下します。

2015/02/01 16:42
ID : xcqtoykmkd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。