過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

性周期に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
プロラクチンは、排卵を誘発する。
 2 . 
黄体期に、基礎体温は低下する。
 3 . 
排卵後、卵胞は白体から黄体へと変化する。
 4 . 
プロゲステロンは、子宮内膜を増殖・肥厚させる。
 5 . 
卵胞期に、エストロゲンの分泌が高まる。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 5 です。

1 プロラクチンは、乳腺を発達させ乳汁の分泌を促します。同時に、排卵を抑制します。

2 エストロゲンは、子宮内膜を増殖、肥厚させます。

3 排卵後、卵胞は黄体から白体に変化します。

4 黄体期に基礎体温は上昇します。これはプロラクチンの作用です。

2015/09/16 00:03
ID : ytvubsbkt
0

正解は 5 です。

1:プロラクチンは、乳汁の分泌を促進するホルモンです。

2:基礎体温は、卵胞期から排卵期にかけて低温を示し、排卵を境に高温を示します。

3、4、5:卵胞期に卵胞からのエストロゲンの分泌が高まり、子宮内膜が増殖・肥厚します。成熟した卵胞に黄体刺激ホルモンが作用し、排卵が起こります。排卵した後の卵胞は、黄体となり、プロゲステロンを分泌して着床に備えます。着床が起こらない場合は、黄体は委縮して白体となります。

2015/02/09 15:56
ID : xcqtoykmkd
0

正解は 5 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/生殖器系からの出題です。

1.排卵を誘発するのは黄体形成ホルモンです。プロラクチンは乳汁の産生や分泌を促します。

2.基礎体温は黄体期には高温期となります。

3.排卵後の卵胞は黄体から白体へと変化します。排卵後に黄体になった卵胞が受精成立がないと白体になっていくのです。

4.子宮内膜を増殖・肥厚させるのはエストロゲンの作用によるものです。

5.記載の通りです。

2016/06/03 09:53
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。