管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15047問 出題

問題

牛乳に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
乳清たんぱく質の約半分は、ラクトフェリンである。
 2 . 
LL牛乳は、低温殺菌法で製造される。
 3 . 
酸の添加によって、カゼインが凝固する。
 4 . 
含有する炭水化物は、マルトースである。
 5 . 
人乳よりも、カゼイン含量が少ない。

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
正解は 3 です。

食べ物と健康/食品の分類と食品の成分からの出題です。

1.乳清たんぱく質の約半分を占めているのは、β-ラクトグロブリンです。ラクトフェリンは微量程度しか含まれていません。

2.LL牛乳は超高温短時間滅菌法によって製造することによって、常温保存を可能にした牛乳です。

3.正しい記載です。牛乳に酸を添加してカゼインが凝固する性質を使ってヨーグルトやチーズが作られています。

4.牛乳に含まれる炭水化物は、ほとんどが乳糖(ガラクトース)です。

5.牛乳のたんぱく質の主成分はカゼインで、人乳と比較すると、カゼインが多いという特徴があります。
評価後のアイコン
2016/07/20 07:50
ID : oovsedpp
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は 3 です。

1 乳清タンパクの約半分は、βーラクトグロブリンです。

2 LL牛乳は、超高温短時間滅菌法で製造された牛乳です。具体的には135度~150度で数秒間滅菌を施します。

4 含有する炭水化物のほとんどはラクトースです。

5 牛乳の方がカゼインを多く含みます。一方人乳はラクトアルブミンや免疫グロブリンなどを多く含みます。
評価後のアイコン
2015/09/30 16:12
ID : ytvubsbkt
評価する
0
評価しない
正解は 3 です。

牛乳に含まれる成分と、特性についての問題です。牛乳に含まれる全たんぱく質の80%はカゼインです。生乳に酸を添加すると、カゼインが沈殿凝固し、カード(凝乳)を生成します。この際に生じる上澄み液をホエー(乳清)といいます。

1、乳清たんぱく質の約半分はβ-ラクトグロブリンで、ラクトフェリンの含量は微量です。
2、LL牛乳(ロングライフミルク)は、超高温短時間滅菌法で製造されます。現在、牛乳の殺菌方法として最もよく用いられており、常温で2か月ほどの保存が可能です。
3、文章どおりです。
4、含有する炭水化物のほとんどは、ラクトース(乳糖)です。
5、カゼイン含量は、人乳よりも牛乳の方が多いです。
評価後のアイコン
2015/02/17 10:00
ID : ugfpkvdmd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。