管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15068問 出題

問題

海藻類の調理に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
わかめは、灰干しにより色が鮮やかになる。
 2 . 
こんぶ表面の粉は、旨味に関わる。
 3 . 
含まれる多糖類は、ゆでると甘味をもたらす。
 4 . 
生のわかめを湯通しすると、色調が緑色に変化する。
 5 . 
てんぐさの凝固性成分は、常温で固体である。

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
2
評価しない
正解は 3 です。

1 わらなどの灰をまぶし、天日干しをしたワカメを灰干しワカメと言います。灰はアルカリ性であるため、ワカメのクロロフィルをクロロフィリンという安定型に変化させることができます。よって、鮮やかな緑を保つことが出来るようになります。

2 昆布の白い粉は、マンニトールという糖アルコールで甘味を呈し、うまみにも関与します。

3 海藻類に含まれる多糖類は、水溶性の食物繊維で粘性をもつアガロース、アガロペクチン、カラギーナンなどである。茹でても分解はされないので甘味にかわることはありません。

4 生ワカメはクロロフィル(緑)+フコキサンチン(赤)の状態であるため、褐色を示します。しかし加熱により二つが分離し、フコキサンチンが橙黄色となるため、わかめはあざやかな緑を示します。

5 てんぐさの凝固成分である、アガロースとアガロペクチンは常温で個体です。
評価後のアイコン
2015/10/28 21:55
ID : ytvubsbkt
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は 3 です。

食べ物と健康/食品の分類と食品の成分からの出題です。

1.わかめのクロロフィルがクロロフィリンに変化するため、色が鮮やかになります。

2.表面の粉はマンニトールで、旨味に関わっています。

3.海藻類に含まれる多糖類は茹でても分解されないため、甘味にはなりません。

4.色素はクロロフィルとフコキサンチンで、ゆでるとフコキサンチンが赤からオレンジ色になるため、クロロフィルの緑とあわせて、緑色を呈します。

5.てんぐさから作られる寒天は常温で凝固します。
評価後のアイコン
2016/07/22 18:39
ID : oovsedpp
評価する
0
評価しない
正解は 3 です。

1、 わかめを、草木灰による処理をして乾燥したものを灰干しわかめといいます。灰のアルカリにより、色素成分のクロロフィルが、より安定したクロロフィリンに変化することで、鮮やかな緑色を保つことができます。

2、 こんぶ表面の白い粉の成分は、主に甘みを呈するマンニトールです。マンニトールは旨味にも関わり、独特の風味を呈します。

3、 誤りです。
海藻類に含まれる多糖類は、主に水溶性の食物繊維です。粘着性があるため、増粘多糖類とも呼ばれます。代表的なものは、アルギン酸、フコイダン、アガロース、アガロペクチン、カラギーナンなどで、ゆでても分解されないため、甘味はもたらしません。

4、 生わかめの色素成分には、緑色のクロロフィルと、赤褐色のフコキサンチンがあります。それぞれタンパク質と結合して存在していますが、湯通しするとタンパク質が変性し、フコキサンチンは黄色に変化します。すると、クロロフィルの緑色が際立ち、わかめの色は鮮やかな緑色に変化します。

5、 てんぐさは、寒天の原材料のひとつです。その凝固成分はアガロースやアガロペクチンであり、常温では固体です。
評価後のアイコン
2015/02/17 10:41
ID : ugfpkvdmd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。