過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 基礎栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

消化管ホルモンの分泌と働きに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
ガストリンの分泌は、食塊が胃に入ると抑制される。
 2 . 
セクレチンは、膵液中への重炭酸イオン(HCO3-)の分泌を抑制する。
 3 . 
セクレチンの分泌は、胃内容物が十二指腸に入ると抑制される。
 4 . 
ガストリンは、十二指腸から分泌される。
 5 . 
コレシストキニンは、膵液中への消化酵素の分泌を促進する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 5 です。

基礎栄養学/消化・吸収と栄養素の体内動態からの出題です。

1.ガストリンは胃に食塊が入ると分泌が促進されます。

2.セクレチンは十二指腸から分泌されて、重炭酸イオンを含む膵液の分泌を促進します。

3.セクレチンの分泌は胃の内容物が十二指腸に入ると促進します。胃酸を含む食塊がくることで十二指腸のpHが低下すると分泌が促進されます。

4.ガストリンは胃幽門部から分泌されます。

5.正しい記載です。十二指腸から分泌されます。

2016/07/23 10:58
ID : oovsedpp
0

正解は 5 です。

1、4、
ガストリンは、胃幽門部から分泌されるホルモンです。食塊が胃に入ると分泌され、胃液の分泌を促進する働きがあります。

2、3、
セクレチンは、十二指腸から分泌されるホルモンです。胃内容物が十二指腸に移行すると、分泌が促進されます。胃内容物は強酸性のため、それを中和するために、膵液中への重炭酸イオン(HCO3-)の分泌を促進します。

5、文章通りです。
コレシストキニンは、十二指腸から分泌され、膵液中への消化酵素の分泌や、胆のうの収縮を促進し
ます。

2015/02/17 10:48
ID : ugfpkvdmd
-1

正解は 5 です。

1、4 ガストリンの多くは胃幽門前庭部のG細胞から分泌されます。胃に食物が流入することで分泌が促進され、胃酸や消化液の分泌、胃の運動を活発化します。
食物が十二指腸に入り、セクレチンが分泌されると、ガストリンの分泌は抑制されます。

2,3 セクレチンは、十二指腸のS細胞から分泌されます。食物が十二指腸に流入することで分泌が促進され、膵液の分泌促進、胆のう収縮や胃酸分泌の抑制などに働きかけます。
胃酸により酸性だった食物が、胆汁の重炭酸イオンで中和されると分泌が抑制されます。

2015/11/11 23:18
ID : ytvubsbkt
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。