過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 応用栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

乳幼児期の生理的特徴に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
乳歯は、生後3~4か月頃より生え始める。
 2 . 
身長の1年間当たりの増加量は、年齢に伴い大きくなる。
 3 . 
運動機能の発達は、微細運動が粗大運動に先行する。
 4 . 
体重当たりの体水分量の割合は、成人に比較して多い。
 5 . 
大泉門は、生後6か月頃に閉鎖する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は 4 です。

1 乳歯は、生後6~7か月ごろから生え始めます。

2 身長の一年間あたりの増加量は、出生直後から乳児期が最も盛んです。また、思春期に再び増加が盛んになります。

3 運動機能の発達は、粗大運動が微細運動に先行します。
粗大運動とは、うつぶせや寝返りなど、全身をつかう運動のことで、微細運動とは指先などの細かいうんどうのことを言います。

5 大泉門は前頭骨と、二つの頭頂骨にはさまれた泉門で、1歳6か月頃に閉鎖します。

2015/11/25 15:02
ID : ytvubsbkt
0

正解は 4 です。

1、 乳歯は、生後6~7カ月頃より生え始め、2歳半頃までに20本の乳歯が生えそろいます。

2、 身長の1年間当たりの増加量は、出生直後から乳児期にかけての時期が最も盛んで、年齢に伴い小さくなります。

3、 運動機能は、頭部から下に向かって、体の中心部から末梢部に向かって、粗大運動(寝返りなどの全身を使う大きな運動)から微細運動(指先を使うような細かな運動)へと発達します。

4、 文章通りです。
体重あたりの体水分量の割合は、新生児で約80%、乳児約70%、成人で約60%であり、高齢になるにつれて低下します。また、成人に比べて、乳幼児は細胞外液量の占める割合が高いことが特徴です。

5、 大泉門は,頭蓋骨のうち前頭骨と両側の頭頂骨の間にある線維性の接合部で、生後1歳6カ月頃に閉鎖します。

2015/02/17 11:17
ID : ugfpkvdmd
0

正解は 4 です。

応用栄養学/新生児期、乳児期からの出題です。

1.乳歯は生後6カ月頃から生え始めます。

2.身長は生後1年間の増加量が一生のうちで最も大きくなります。

3.粗大運動とは全身を使った移動や平衡を維持する運動のことです。微細運動とは手指の運動のことです。発達は粗大運動が先行します。

4.正しい記載です。成人は水分60%程度と言われていますが、乳幼児は70~80%と言われています。

5.大泉門の閉鎖は生後1歳半ごろです。

2016/07/27 10:39
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。