過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

マラスムス(marasmus)における特徴の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
体重減少:有   肝腫大:無   血清アルブミン値低下:無
 2 . 
体重減少:無   肝腫大:有   血清アルブミン値低下:無
 3 . 
体重減少:無   肝腫大:有   血清アルブミン値低下:有
 4 . 
体重減少:有   肝腫大:無   血清アルブミン値低下:有
 5 . 
体重減少:有   肝腫大:有   血清アルブミン値低下:無
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は 1 です。

栄養不足状態は、マラスムス、クワシオルコル、両者の混合型に分類されます。

【マラスムス】
・エネルギー摂取不足が原因。
・高度な発育障害、著明な体重減少、全身衰弱、老人様顔貌、皮下脂肪の消失、筋委縮等がみられる。
・一般に、浮腫は見られない。

【クワシオルコル】
・極度のたんぱく質の欠乏と不十分なエネルギー摂取が原因。
・浮腫、発育障害、肝腫大、感情鈍麻等がみられる。
・極度の体重減少はみられない。
・大きくふくれたお腹が特徴である。

2015/03/07 15:17
ID : xcqtoykmkd
1

正解:1

マラスムスとはたんぱく質・エネルギー欠乏で起こる栄養障害の一つです。体重減少や皮下脂肪の減少、免疫力低下があります。たんぱく質の欠乏ではクワシオコルという栄養障害があります。こちらは、エネルギーに比べてたんぱく質の欠乏が顕著に見られるため、血清アルブミン値の低下や肝腫大が見られます。

2016/08/03 13:31
ID : opbapyocf
0

正解は、1です。

マラスムスは、たんぱく質・エネルギーの欠乏で起こる栄養障害のことをいいます。

摂取エネルギー不足が長期間続くと、エネルギー産生のために、体たんぱく質の分解によって生じるアミノ酸が使われます。結果、たんぱく質栄養障害となります。

たんぱく質栄養障害により体重減少、皮下脂肪減少、免疫能低下が起こります。

浮腫は起こらないため注意してください。

2015/11/18 09:47
ID : nbfwghucx
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。