過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

糖尿病の合併症に対する治療の記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
糖尿病神経障害では、脂肪エネルギー比率を40%とする。
 2 . 
インスリン治療による低血糖では、果糖を投与する。
 3 . 
高血圧合併時では、食塩を6g/日未満とする。
 4 . 
糖尿病ケトアシドーシスでは、水分投与を制限する。
 5 . 
脂肪肝合併時では、たんぱく質を制限する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は、3です。

1 . 脂肪のエネルギー量は、炭水化物エネルギー比率を決定します。その後、たんぱく質量を定めた残りを脂肪から摂取します。

2 . インスリン治療による低血糖では、吸収率の早いブドウ糖を投与します。

3 . 〇

4 . 糖尿病ケトアシドーシスでは、輸液とインスリン投与による脱水、インスリン不足の改善を目指します。

5 . 脂肪肝合併時では、たんぱく質ではなくエネルギー摂取量を調整します。

2015/11/18 09:54
ID : nbfwghucx
1

正解:3

糖尿病で高血圧合併時では、食塩は一日6g未満とします。

1.糖尿病神経障害では、先に炭水化物の摂取比率を決定します。後にたんぱく質の量を決め、残りを脂質から摂るようにします。

2.インスリン治療による低血糖では多糖類で補います。

4.糖尿病ケトアシドーシスでは輸液とインスリンの投与をします。水分制限はありません。

5.脂肪肝合併時はたんぱく質の制限はありません。エネルギーや栄養素はバランスよく摂取し、炭水化物では果物や砂糖などの糖質を控えるようにします。

2016/08/03 13:45
ID : opbapyocf
0


正解は 3 です。

1:炭水化物エネルギー比率を決定し、たんぱく質量を定め、その残りを脂肪摂取エネルギーに充てます。

2:低血糖時には、ブドウ糖を投与します。

4:糖尿病ケトアシドーシスにおいて、水分投与の制限は必要ありません。

5:脂肪肝において、たんぱく質の制限は必要ありません。

2015/03/07 15:30
ID : xcqtoykmkd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。