過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

45歳、男性。身長170cm、体重75kg。早朝より激しい腹痛を訴え来院、急性膵炎と診断され入院となった。白血球数12,000/μL、血清膵型アミラーゼ値820IU/L、血清CRP(C反応性たんぱく質)値26.2mg/dLであった。この患者の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

 1 . 
入院時、輸液管理を実施した。
 2 . 
腹痛が治まったので、全粥食を開始した。
 3 . 
膵型アミラーゼ値が正常化したので、脂質を50g/日とした。
 4 . 
退院時に、禁酒を指導した。
 5 . 
退院時に、たんぱく質制限食を指導した。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
3

正解は 1 と 4 です。

急性膵炎の急性期には、絶飲食とします。回復期には、低脂肪食から開始し、禁酒が必要となります。

2015/04/01 14:37
ID : xcqtoykmkd
2

正解は、1と4です。

急性膵炎では、絶食とし、輸液による管理を行います。
炎症が治まってくると、糖質中心の流動食(10ℊ/日低脂肪食、総エネルギー1,000kcal/日)から開始し、症状に応じて軟食、常食に移行していきます。

2015/11/18 10:23
ID : nbfwghucx
1

正解:1、4

2.急性膵炎では、絶飲食になります。

3.膵型アミラーゼ値が正常化しても膵炎が完治するまでは脂質は30g/日以下に制限します。

5.退院時は食べ過ぎや、高脂肪食や刺激物の摂り過ぎ、アルコールの摂り過ぎなどを改善できるように指導します。

2016/08/03 14:33
ID : opbapyocf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。