管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15134問 出題

問題

原発性甲状腺機能低下症に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
血清遊離トリヨードサイロニン(FT3)値が上昇する。
 2 . 
血清甲状腺刺激ホルモン(TSH)値が上昇する。
 3 . 
エネルギー必要量が増加する。
 4 . 
血清総コレステロール値が低下する。
 5 . 
脈拍数が増加する。

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
2
評価しない
正解は 2 です。

1:甲状腺から分泌されるホルモンである、血清遊離トリヨードサイロニン(FT3)値は低下します。

2:血清遊離トリヨードサイロニン(FT3)値、及びサイロキシン(T4)値が低下するため、分泌を亢進させようとする働きが起こり、血清甲状腺刺激ホルモン(TSH)値が上昇します。

3:代謝が低下するため、エネルギー必要量は減少します。

4:代謝が低下するため、血清総コレステロール値は上昇します。

5:代謝が低下するため、脈拍数は減少します。
評価後のアイコン
2015/04/01 15:32
ID : xcqtoykmkd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は、2です。

1 . 甲状腺ホルモンは脂溶性のため、血液中では大部分がたんぱく質と結合して存在しています。
また、ごくわずかは遊離して存在しています。原発性甲状腺機能低下症では、甲状腺ホルモンの産生が低下しているので、遊離の甲状腺ホルモンも低下します。

2 . 〇

3 . 代謝が低下するため、肥満傾向になります。
それに伴い、エネルギー必要量も低下します。

4 . 肝臓でのLDL受容体発現が低下によりコレステロール取り込みが低下します。そのため、血清総コレステロール値は上昇します。


5 . 交感神経の活動が低下するため、脈拍数は低下します。
評価後のアイコン
2015/11/27 09:37
ID : nbfwghucx
評価する
1
評価しない
正解:2

1.血清遊離トリヨードサイロニン(FT3)値は甲状腺の機能が低下しているため、値も低下します。

3.甲状腺ホルモンの分泌が低下しているため代謝が下がっていると考えられます。そのためエネルギー必要量は低くなると考えられます。

4.血清総コレステロールは甲状腺機能低下症では上昇します。

5.代謝が低下しているため、脈拍数は低下します。
評価後のアイコン
2016/08/03 15:14
ID : opbapyocf
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。