過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

不足すると、骨粗鬆症の発症リスクが高まるビタミンである。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
葉酸
 2 . 
ビタミンB1
 3 . 
ビタミンK
 4 . 
ビタミンA
 5 . 
ビタミンB2
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は 3 です。

ビタミンKは、骨形成時のカルシウム沈着に重要なたんぱく質である、オステオカルシンの生成に関与しています。

2015/04/01 15:43
ID : xcqtoykmkd
1

正解:3

ビタミンKには骨形成をするたんぱく質「オステオカルシン」の生成に関わっています。そのため、骨形成を促進させる作用があると考えられます。

2016/08/03 15:40
ID : opbapyocf
1

正解は、3です。

ビタミンKは、骨形成のオステオカルシン合成に関与して、骨形成を促進する作用があります。

2015/11/27 09:42
ID : nbfwghucx
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。