過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

食物アレルギーに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
小麦のグルテニンは、アレルゲンとなる。
 2 . 
肉のアレルゲン活性は、加熱により増強する。
 3 . 
母乳のグロプリンは、アレルゲンとなりやすい。
 4 . 
米のアミロースは、アナフィラキシーショックを起こしやすい。
 5 . 
卵アレルギーは、耐性を獲得することができない。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解:1

小麦のグルテニンはアレルゲンになります。現在、小麦を含め卵、牛乳、そば、落花生、えび、かにの7種類がアレルギー表示に関する特定原材料に指定されており、表示が義務化されています。

2.肉のアレルゲンは加熱でたんぱく質が変性するためアレルギーは起こりにくくなると考えられます。

3.母乳には分泌型免疫グロブリンIgAが含まれているためアレルゲンにはなりにくくなっています。

4.米のアミロースはアナフィラキシーショックは起こりにくいです。そばや落花生などに多くみられます。

5.卵アレルギーは年齢とともに耐性を獲得することも多くあります。

2016/08/03 16:25
ID : opbapyocf
0

正解は、1です。

1 . 〇

2 . 加熱によりタンパク質が熱変性するためアレルゲン活性は低下します。

3 . 母乳のグロプリンは、アレルゲンとなりにくいです。

4 . 米のアミロースは、炭水化物です。炭水化物は、アレルゲンとなるタンパク質ではないことからアナフィラキシーショックは起きません。

5 . 卵アレルギーは、成長していくにつれて耐性が獲得できることが多くあります。

2015/11/27 09:46
ID : nbfwghucx
0

正解は 1 です。

2:たんぱく質のアレルゲン活性は、加熱により低下します。

3:母乳に含まれるたんぱく質は、アレルゲンとなりにくいです。

4:基本的に、アレルゲンとなりやすいのは、たんぱく質です。アミロースはデンプン(炭水化物)の一種で、多数のグルコース分子が結合しています。

5:食物アレルギーは、小児期に多い疾患ですが、成長につれて耐性を獲得できることも多いです。

2015/04/01 15:51
ID : xcqtoykmkd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。