過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 公衆栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

大規模な社会調査を面接法で行うことの長所である。正しいのはどれか。1つ選べ。 

 1 . 
低予算で実施できる。
 2 . 
調査員が対象者の個人情報に触れることがない。
 3 . 
調査員によるバイアスがかからない。
 4 . 
調査に要する時間が短い。
 5 . 
質問の意図が対象者に理解されやすい。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

1.面接法では、対象者一人一人に対面する必要があるため、対象者が多ければ多いほど、費用は高くかかります。

2.調査員が対象者に面接する際に、個人情報に触れることはあり得ます。

3.調査員それぞれ、聞き方が異なるため、バイアスつまり、偏りがみられます。

4.対象者それぞれに面接する時間は異なるため、面接する事柄次第では時間を要する場合もあります。

5.質問者が直接、対象者に面接するため、どのような意図で質問されているのかなど直接説明できるので理解されやすいです。よって、正しい答えとなります。

2016/03/21 19:55
ID : hvhomzxu
0

1.× 面接法は調査員が直接、対象者に対面するために費用は多くかかります。

2.× 個人情報に触れる可能性はあります。

3.× バイアスとは偏り、偏見をいいます。対面することでかかる可能性があります。

4.× 所要時間を要します。

5.○ 質問の意図は理解されやすい利点があります。

よって正解は5です。

2016/03/15 12:29
ID : rwxunyjf
0

1、データ1件あたりの費用は高くなります。

2、個人情報を入手する可能性があります。

3、聞き取りのため、調査員の個人的な感覚も作用する可能性があります。

4、1件あたりの調査に時間がかかります。

5、直接説明するので、対象者に理解されやすいです。

2015/06/24 08:57
ID : ufmgroyhr
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。