過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 公衆栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

第1次食育推進基本計画の5年後の評価で、改善が見られた評価項目である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
食育の推進に関わるボランティアの数
 2 . 
朝食を欠食する小学生の割合
 3 . 
メタボリックシンドロームを認知している国民の割合
 4 . 
食事バランスガイド等を参考に食生活を送っている国民の割合
 5 . 
学校給食における地場産物を使用する割合
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

1.食育の推進に関わるボランティアは、計画策定時は28万人だったものが5年後では34.5万人にまで増加しました。よって正しい答えとなります。

2.朝食を欠食する小学生の割合は、計画策定時は4.1%でした。5年後では、1.6%まで減少しました。つまり、改善したということで正しい答えとなります。

3.メタボリックシンドロームを認知している国民の割合は、計画策定時は77.3%だったものが5年後では89.4%まで増加しました。つまり、認知している国民の割合が増えたということになるので改善したということになり、正しい答えだといえます。

4.食事バランスガイド等を参考に食生活を送っている国民の割合は、計画策定時は58.8%で、5年後は50.2%と減少しました。つまり、増えないといけない割合が減少してしまったということで、悪化しているといえます。よってこの選択肢が誤った答えとなります。

5.学校給食における地場産物を使用する割合は、計画策定時は21.2%で、5年後には26.1%まで上昇しました。この項目は増加がみられる方が改善したということになるので、正しい答えといえます。

2016/03/24 19:54
ID : hvhomzxu
0

1.○ 食育の推進に関わるボランティアの数は改善しています。(28万人→約34万人)

2.○ 朝食を欠食する小学生の割合は改善しています。(4.1%→1.6%)

3.○ メタボリックシンドロームを認知している国民の割合は改善しています。(77.3%→89.4%)


4.× 食事バランスガイド等を参考に食生活を送っている国民の割合は減少しています。(58.8%→50.2%)

5.○ 学校給食における地場産物を使用する割合は改善しています。(21.2%→26.1%)

(平成17年計画策定時→平成22年度評価時の%)

よって正解は4です。

2016/03/15 13:25
ID : rwxunyjf
-2

1、ボランティアは増えています。

2、朝食を欠食する児童は減っています。

3、メタボリックシンドロームの理解は広まっています。

4、食事バランスガイドの理解は広まっています。

5、地場産物の使用は進んでいません。

2015/06/24 09:55
ID : ufmgroyhr
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。