過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 公衆栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

プリシード・プロシードモデルにおける教育・エコロジカルアセスメントの要因とその例の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
準備(前提)要因 ----- 起こした行動の継続への支援
 2 . 
強化要因 ---------- 行動を起こす動機
 3 . 
強化要因 ---------- 対象者のもつ知識
 4 . 
実現要因 ---------- 社会資源入手の可能性
 5 . 
準備(前提)要因 ----- 周囲の人からの支援
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

準備(前提)要因とは、行動をするために必要な知識や態度、価値観などが、
強化要因とは、行動を行うことやそれを支援する協力者の反応、行動後に感じられる爽快感や報酬などが、
実現要因とは、行動の実践を支援する技術や資源をどれだけ使用できるかなどが、
それぞれ該当します。

このことを念頭に各選択肢を直すと下記のようになります。

1.起こした行動の継続への支援は、準備(前提)要因ではなく、強化要因です。

2.行動を起こす動機は、強化要因ではなく、準備(前提)要因です。

3.対象者のもつ知識は、強化要因ではなく、準備(前提)要因です。

4.社会資源入手の可能性は、実現要因に該当するので、この選択肢が正しい答えとなります。

5.周囲の人からの支援は、準備(前提)要因ではなく、強化要因です。

2016/03/24 20:02
ID : hvhomzxu
0

1.× 準備(前提)要因は行動変容の動機づけの要因となるものです。

2.× 強化要因とは行動変容の実施を継続する支援となるものです。

3.× 強化要因には周囲のサポートなどがあります。対象者のもつ知識とは異なります。

4.○ 実現要因は行動実現に必要な要因です。社会資源入手の可能性があります。

5.× 周囲の人からの支援は強化要因です。

よって正解は4です。

2016/03/15 13:35
ID : rwxunyjf
0

1、前提要因とは行動変容の動機づけに必要な要因のことです。

2、強化要因は行動を実行後、継続するための要因(周囲のサポートなど)です。

3、対象者のもつ知識でなく、周囲の環境が要因になります。

4、実現要因とは、行動の実現に必要な要因(資源や技術など)で、社会から入手可能ですd.

5、行動変容の動機づけに必要な要因知識や価値観などで、周囲の支援は関係ありません。



2015/06/24 10:21
ID : ufmgroyhr
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。