過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 社会・環境と健康  過去問題 | 無料の試験問題

問題

わが国におけるHIV・エイズ(AIDS)に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
エイズは、感染症法の対象疾患(5類感染症)である。
 2 . 
血液、精液、膣分泌液を介してHIV感染が起こる。
 3 . 
集団におけるHIV感染者の把握は難しい。
 4 . 
カリニ肺炎、カポジ肉腫を発症した場合、エイズと診断される。
 5 . 
母子感染は確認されていない。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

誤っているのは、
【5.母子感染は確認されていない。】です。

主な感染経路は、HIV感染者との性行為、血液、母子感染です。

2015/06/24 17:57
ID : ycckspwhv
0

正解は 5 です。

社会・環境と健康/主要疾患の疫学と予防対策からの出題です。

1.正しい記載です。

2.正しい記載です。感染経路のほとんどが性的接触によるものです。

3.正しい記載です。

4.カリニ肺炎は近年ヒトで発症しないことがわかってきたが、もしカリニ肺炎やカポジ肉腫を発症すると、HIV感染を強く疑う。

5.少数ではあるが、母子感染も起こりうる。

2016/08/04 11:25
ID : oovsedpp
0

正解は5.【母子感染は確認されていない。】です。
エイズ(後天性免疫不全症候群)は、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染によって引き起こされ、細胞性免疫不全状態となる疾患です。
1983年に米国で発見され、その後、急速に広がり世界的感染症になりました。
特に開発途上国であるアフリカ地域、東南アジア地域では、壮年層の発症が多く、国の活力の低下が懸念されています。
エイズは、HIVが直接血管内に入ることにより起こる疾病であり、主な感染経路は「性的感染」、「血液感染」、「母子感染」となっています。

以下、詳細の説明です。

1.エイズは感染症法の対象疾患(5類感染症)に含まれており、発生報告が義務づけられています。

2.血液、精液、膣分泌液を介してHIV感染が起こります。

3.上述の通り、HIVの主な感染経路は「性的感染」、「血液感染」、「母子感染」です。
よって、感染経路をたどることで各集団での感染者の把握が可能です。
なお、日本では厚生労働省によるエイズ発生動向調査が行われており、HIV感染者の国籍別、性別、感染経路別、年齢別、感染地域別等のデータが4半期ごとに発表されています。

4.厚生労働省はエイズ発症の基準とする23の合併症を定めています。
カリニ肺炎(ニューモシスチス肺炎)とカポジ肉腫は共にその基準に含まれています。
中でも、カリニ肺炎はエイズ指標疾患の中で最も感染率が高い疾患です。

2016/04/18 10:23
ID : hyqgtumzsd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。