過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

糖尿病に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
微量アルブミン尿が認められれば、腎症3期以上である。
 2 . 
試験紙法で尿たんぱく質が持続陽性であれば、腎症2期である。
 3 . 
尿糖が陽性であれば、糖尿病と診断できる。
 4 . 
尿中C-ペプチド排泄量は、インスリン抵抗性の指標である。
 5 . 
インスリンの絶対的不足によって、尿ケトン体が陽性になる。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は5.【インスリンの絶対的不足によって、尿ケトン体が陽性になる。】です。
ケトン体とは、脂肪分解時の中間代謝産物です。
インスリンが不足している場合、体内のエネルギー源が糖質から脂質に変換され、脂質の代謝が盛んになりケトン体が大量に生成されます。
よって、蓄積されたケトン体が尿から排出され、尿ケトン体が陽性となります。

以下、詳細の説明です。

1.微量アルブミン尿が認められれば、腎症2期以上に当てはまります。

2.試験紙法で尿たんぱく質が持続陽性であれば、腎症3期以上に当てはまります。

3.尿糖が陽性でも、糖尿病とは診断されません。
糖尿病の診断基準は、以下の①~④のいずれかが確認された場合で「糖尿病型」、
⑤および⑥の血糖値が確認された場合には「正常型」、
いずれにも属さない場合は「境界型」と診断されます。

①空腹時血糖値126㎎/dl以上
②75g経口ブドウ糖負荷試験で2時間血糖値200㎎以上
③随時血糖値200㎎/dl以上
④ヘモグロビンA1c6.5%以上
⑤空腹時血糖値110㎎/dl以上
⑥75g経口ブドウ糖負荷試験で2時間血糖値140㎎以上

4.尿中C-ペプチド排泄量は、インスリン分泌量の指標です。
C-ペプチドはインスリンとほぼ同量分泌されることから、1日分の蓄尿を用いてC-ペプチドを測定し、インスリン分泌量を調べます。

2016/04/26 18:33
ID : hyqgtumzsd
1

正しいものは、
【5.インスリンの絶対的不足によって、尿ケトン体が陽性になる。】です。
インスリンの絶対的不足により、脂肪細胞でのトリグリセリド分解が促進され、大量の脂肪酸が血中へ放出されます。
さらに肝臓では糖新生が促進され、オキサロ酢酸が不足します。
それにより、脂肪酸をβ酸化してできたアセチルCoAがクエン酸回路に入れなくなり、蓄積されたアセチルCoAがケトン体となって尿から排出されます。

1.微量アルブミン尿が認められれば、腎症2期と診断されます。

2.尿たんぱく質が持続陽性なのは、腎症3期以上です。

3.尿糖が陽性でも糖尿病とは限りません。
腎性糖尿の患者も尿糖は陽性となります。

4.尿中C-ペプチドの排泄量は、インスリン分泌量の指標です。
インスリンとC-ペプチドは、分泌される顆粒の中で等モル量存在し、血糖値が上昇すると等モル量分泌されます。

2015/07/18 19:03
ID : ycckspwhv
0

正解は 5 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/栄養障害と代謝疾患からの出題です。

1.微量アルブミン尿陽性は、腎症2期です。

2.尿たんぱく質の持続陽性は腎症3期です。

3.糖尿病の検査項目に尿検査はありません。

4.尿中C-ペプチド排泄量はインスリン分泌量の指標となります。

5.正しい記載です。インスリンの不足ではケトン体が生成されるので、尿ケトン体が陽性になります。

2016/08/10 16:21
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。