過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

尿細管におけるミネラルの調節に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
副甲状腺ホルモン(PTH)は、カルシウムの吸収を促進する。
 2 . 
オキシトシンは、カリウムの吸収を促進する。
 3 . 
アルドステロンは、ナトリウムの排泄を促進する。
 4 . 
レニンは、カリウムの吸収を促進する。
 5 . 
バソプレシンは、ナトリウムの吸収を促進する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正しいものは、
【1.副甲状腺ホルモン(PTH)は、カルシウムの吸収を促進する。】です。
副甲状腺ホルモンは骨吸収を促進し、血液中のカルシウム濃度を増加させます。
分泌低下により、血中カルシウムが不足し四肢や全身の痙攣がみられます(テタニー)。
他に、腎臓でのビタミンDの活性化を促進したり、尿細管でのカルシウム再吸収を促進します。

2.オキシトシンは、脳下垂体後葉から分泌され、乳汁分泌の促進(射乳)や子宮の収縮を促進します。

3.アルドステロンは、副腎皮質より分泌され、ナトリウムの再吸収促進や、カリウムの排泄を促進させる、いわゆるミネラルコルチコイドです。

4.レニンは、腎臓から分泌され、カリウムの排泄を促進します。
さらに副腎皮質に働いてアルドステロンを分泌させ、血圧を上昇させます。

5.バソプレシンは、脳下垂体後葉より分泌され、尿細管の集合管における水の再吸収を促進して、尿量を減少させます。
間脳の視床下部で分泌を調節しています。

2015/07/22 01:38
ID : ycckspwhv
0

正解は 1 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/腎・尿路系からの出題です。

1.正しい記載です。副甲状腺ホルモンの主な働きは、骨からのカルシウム放出を促進することと、カルシウムの吸収を促進することです。

2.オキシトシンは下垂体後葉ホルモンで、子宮収縮や射乳作用があります。

3.アルドステロンは副腎皮質ホルモンで、尿細管でのナトリウム再吸収促進、カリウム再吸収抑制をします。

4.レニンは腎臓から分泌されるたんぱく質分解酵素で、アンギオテンシノーゲンをアンギオテンシンⅠに変換します。

5.パソプレシンは下垂体後葉ホルモンで、抗利尿ホルモンです。

2016/08/11 08:25
ID : oovsedpp
0

正解は1.【副甲状腺ホルモン(PTH)は、カルシウムの吸収を促進する。】です。
血中カルシウム濃度を上昇させるほか、骨吸収の亢進と同時に骨形成も亢進させ骨代謝を高めます。

以下、詳細の説明です。

2.オキシトシンは下垂体後葉から分泌され、乳汁分泌や子宮筋収縮を促進します。

3.アルドステロンは副腎皮質から分泌され、カリウムの尿中排泄とナトリウムの再吸収を促進します。

4.レニンは腎臓から分泌され、カリウムの排泄を促進します。
また、血中のアンジオテンシノーゲンに作用し、最終的に血圧上昇をもたらします。

5.バソプレシンは下垂体後葉から分泌され、腎集合管に作用して水の再吸収を促進します。

2016/04/26 18:39
ID : hyqgtumzsd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。