過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 食べ物と健康  過去問題 | 無料の試験問題

問題

日本食品標準成分表2010に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
卵類の炭水化物含量は、「差し引き法」で求めている。
 2 . 
ナイアシン含量は、トリプトファン含量を考慮している。
 3 . 
食物繊維のエネルギーは、0 kcal/gとしている。
 4 . 
「Tr」は、その成分値の最小記載量の1/10以上、5/10未満である。
 5 . 
穀物酢の酢酸含量は、炭水化物含量に含まれる。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 4 です。

食べ物と健康/食品の分類と食品の成分からの出題です。

現在最新の成分表は「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」となります。

1.卵類の炭水化物含量は微量なので、差し引き法は適していません。炭水化物が微量な食品については、全糖の分析値に基づいて成分値を出しています。

2.成分表のナイアシン含量はニコチン酸相当量で示されていて、トリプトファン含量は考慮されていません。

3.食物繊維については0kcal/gと決まられているわけではなく、炭水化物全体に対して定められています。

4.正しい記載です。2015年版でも変更ありません。

5.穀物酢の酢酸含量は炭水化物含量に含まず、酢酸含量を指しい引いた値を炭水化物含量としています。

2016/10/30 20:36
ID : oovsedpp
0

1.炭水化物は「差し引き法」によって算出されますが、魚介類や肉類、卵類の炭水化物については微量であるため個別に分析します。

2.生体内でトリプトファン60mgはナイアシン1mgに生合成されますが、日本食品標準成分表2010ではそれを考慮したナイアシン当量ではなく、ナイアシン単独の含量が記載されています。

3.食物繊維のエネルギーが0kcal/gという記載はありません。
炭水化物のエネルギー値に食物繊維も含まれており、食物繊維単独のエネルギー値の記載はありません。

4.「Tr」はその成分値の最小記載量の1/10以上5/10未満の際に記載するように決められています。
よって、正しい答えとなります。

5.穀物酢の酢酸含量は、炭水化物含量に含まれていません。
「差し引き法」により、炭水化物量を求めるので、酢酸も差し引いて算出されます。

2016/07/21 19:41
ID : hvhomzxu
0

正解は 4 です。

1:卵類は、一般的に炭水化物が微量であり、差し引き法で求めることが適当ではないため、原則として全糖の分析値に基づいた成分値としています。

2:ナイアシンは、体内で同じ作用を持つニコチン酸、ニコチン酸アミド等の総称であり、ニコチン酸相当量で示されています。生体内のトリプトファンからも生合成されますが、食品成分表には含まれていません。

3:食物繊維のエネルギーは、アトウォーター係数を適用して求めた値に0.5を乗じて算出しています。

5:穀物酢などの調味料類の炭水化物含量は、水分、たんぱく質、脂質、灰分、さらに酢酸あるいはアルコール分を差し引いて求めています。

2015/03/02 08:47
ID : zserdqsf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。