管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15256問 出題

問題

かび毒に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
パツリンは、柑橘類の腐敗菌が産生する。
 2 . 
黄変米のかび毒は、フザリウム属の繁殖が原因である。
 3 . 
デオキシニバレノールは、小麦に基準値が設定されている。
 4 . 
アフラトキシンB1は、75℃の加熱により分解することができる。
 5 . 
アフラトキシンB1は、主に牛肉で検出されている。

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
正解は 3 です。

1:パツリンは、りんごの腐敗菌が産生します。

2:黄変米のかび毒は、ペニシリウム属の繁殖が原因です。

4:アフラトキシンB1は、調理等の加熱では分解できません。

5:アフラトキシンB1は、主にナッツ類で検出されます。
評価後のアイコン
2015/03/12 07:24
ID : zserdqsf
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1.パツリンは、リンゴの腐敗菌が産生します。

2.黄変米のかび毒は、ルテオスカイリン、シトリニン等のペニシリウム属(青かび)の繁殖が原因です。

3.デオキシニバレノールは、麦類から比較的高濃度に検出されるフザリウム属(赤かび)が産生する毒素で、小麦で1.1ppm 以下とする暫定的な基準値が設定されています。
よって、正しい答えとなります。

4.アフラトキシンB1は、耐熱性で、通常の加熱調理では分解されません。
肝臓がんのリスクファクターになります。

5.アフラトキシンB1は、主にナッツ類で検出されています。
評価後のアイコン
2016/07/25 18:46
ID : hvhomzxu
評価する
0
評価しない
正解は 3 です。

食べ物と健康/食品の安全性からの出題です。

1.パツリンはリンゴや穀類に寄生したカビが産生します。

2.黄変米のカビ毒はペニシリウム族の繁殖が原因となります。

3.正しい記載です。1.1ppmという規制値が設定されています。

4.アフラトキシンB1の分解には270℃以上の加熱が必要です。

5.アフラトキシンB1は主にナッツ類で検出されています。
評価後のアイコン
2016/10/30 20:41
ID : oovsedpp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。