過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 食べ物と健康  過去問題 | 無料の試験問題

問題

いわゆる健康食品の広告に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
「○○病が治る」の表示があれば、薬事法違反となる。
 2 . 
「△△病を予防する」の表示があれば、薬事法違反となる。
 3 . 
身体の構造と機能に影響を及ぼす表現を使用すれば、食品安全基本法違反となる。
 4 . 
「最高のダイエット」と食品に表示することは、健康増進法違反となる。
 5 . 
ヒトへの有効性を表現するグラフを記載した新聞チラシは、健康増進法違反となる。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 3 です。

食べ物と健康/食品の表示と規格基準からの出題です。

1.出題当時は正しい記載でした。現在は薬機法と、法律名が変更になっています。

2. 出題当時は正しい記載でした。現在は薬機法と、法律名が変更になっています。

3.身体の構造と機能に影響を及ぼす表現の使用は、薬機法違反となります。

4.出題当時は正しい記載でした。現在の表示管轄は食品表示法となります。

5.正しい記載です。いわゆる健康食品に、有効性の表示や宣伝は認められていません。

2016/10/30 20:45
ID : oovsedpp
0

1.「〇〇病が治る」というような根拠がないにも関わらず言い切るような表示は薬事法違反に該当します。

2.「△△病を予防する」という表示も1番の文章と同じく、薬事法違反に該当します。

3.身体の構造と機能に影響を及ぼす表現を使用すれば、食品安全基本法ではなく、薬事法違反となります。
よって、誤った答えとなります。

4.「最高のダイエット」というような表示や絶対にダイエットに成功できると消費者に誤解させるような表示は、健康増進法違反となります。

5.4番の文章と同じく、確実な根拠がないにも関わらず、ヒトにはいかにも効果が現れるような旨を新聞やチラシに掲載することは、健康増進法違反となります。

2016/07/25 19:45
ID : hvhomzxu
0

正解は 3 です。

1・2:食品の一分類である健康食品について、医薬品と紛らわしい効能等の表示・広告を行うことは、薬事法(現:医薬品医療機器等法)違反となります。

4:「最高のダイエット」「○○ダイエット成功者が続々」など、健康保持増進効果等について著しく人を誤認させるような表示をすることは、健康増進法違反となります。

5:4同様、ヒトへの有効性を誇大表示することは、健康増進法違反です。
その対象は、顧客を誘引する手段としての広告等であり、商品容器等への表示はもちろん、パンフレット・雑誌・ポスター・新聞等も含みます。

2015/03/16 09:05
ID : zserdqsf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。