管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15277問 出題

問題

脂質の栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
絶食によって、血液中の遊離脂肪酸は増加する。
 2 . 
食後には、血液中のVLDLが減少する。
 3 . 
絶食によって、血液中のキロミクロンは増加する。
 4 . 
絶食によって、ケトン体の合成は減少する。
 5 . 
食後には、貯蔵脂肪の分解が促進される。

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
正解は 1 です。

2:食後には、血液中のVLDLが増加します。
VLDL(超低比重リポたんぱく質)は、肝臓で作られた中性脂肪やコレステロールを各組織に運搬する役目をしており、食事に伴い増加します。

3:絶食によって、血液中のキロミクロンは減少します。
キロミクロンは、食事からとった中性脂肪やコレステロールを各組織に運搬する役目をしており、絶食に伴い減少します。

4:絶食によって、ケトン体の合成は増加します。
糖の供給不足により、肝臓でのケトン体合成は促進され、脳や筋肉のエネルギー源として利用されます。

5:食後には、貯蔵脂肪の分解は抑制され、合成が進みます。
評価後のアイコン
2015/03/23 08:27
ID : zserdqsf
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は 1 です。

基礎栄養学/脂質の栄養からの出題です。

1.正しい記載です。絶食によって体脂肪中のトリアシルグリセロールが分解され、血中に遊離脂肪酸が放出されるため、増加します。

2.食後には肝臓に取り込まれたグルコースがトリアシルグリセロールとなりVLDLに取り込まれて血中に放出されるため、増加します。

3.絶食するとキロミクロンが運搬するべきトリアシルグリセロールが減るので減少します。

4.絶食によってケトン体の合成は増加します。

5.食後は貯蔵脂肪の分解は抑制されます。
評価後のアイコン
2016/10/30 20:56
ID : oovsedpp
評価する
0
評価しない
1.絶食することにより、脂肪酸が主なエネルギー源として利用されるため、脂肪組織に含まれるトリアシルグリセロールが分解されて、血中遊離脂肪酸が増加します。
よって、正しい答えとなります。

2.食後には、血液中のVLDLは増加します。

3.絶食することにより、血液中のキロミクロンは減少します。
キロミクロンは食後、小腸で合成されるため、絶食することで血液中のキロミクロンは減少します。

4.絶食することにより、ケトン体の合成は亢進します。
絶食すると主なエネルギー源が脂肪酸で補われます。脂肪酸がβ酸化により分解され、アセチルCoAが多量に産生されるのでケトン体は多く合成されます。

5.食後には、貯蔵脂肪の合成が促進されます。
評価後のアイコン
2016/07/30 10:19
ID : hvhomzxu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。