過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 基礎栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

エネルギー代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
基礎代謝量は、座位で測定する。
 2 . 
骨格筋のエネルギー代謝量は、運動中は変化しない。
 3 . 
基礎代謝量は、甲状腺ホルモンの影響を受ける。
 4 . 
食事誘発性熱産生で発生したエネルギーは、運動に利用できる。
 5 . 
体重あたりの基礎代謝量は、体脂肪率に比例する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 3 です。

1:基礎代謝量は、前日から12時間経過した翌朝、20℃の室内にて覚醒時の安静仰臥(あお向け)状態で測定します。

2:骨格筋のエネルギー代謝量は、運動に伴い増加します。

4:食事誘発性熱産生(DIT)により発生したエネルギーは、生体成分の合成や筋収縮には利用されません。

5:体重あたりの基礎代謝量は、主に体表面積に比例します。

2015/03/25 08:34
ID : zserdqsf
0

正解は 3 です。

基礎栄養学/エネルギー代謝からの出題です。

1.エネルギー代謝量は静かに仰臥している状態で測定します。

2.骨格筋のエネルギー代謝量は運動時に増加します。

3.正しい記載です。甲状腺ホルモンは基礎代謝を促進します。

4.食事誘発性体熱産生で発生したエネルギーは運動には利用されず、熱エネルギーに変換されます。

5.体重あたりの基礎代謝量は、エネルギー代謝の盛んな除脂肪体重に影響を受けるので、除脂肪率に比例します。

2016/10/30 21:00
ID : oovsedpp
0

1.基礎代謝量は、早朝空腹時に快適な室温で安静仰臥位(上向きに寝た姿勢)、覚醒状態で測定します。

2.骨格筋のエネルギー代謝量は、運動中は顕著に増加します。

3.甲状腺ホルモンの役割の1つに、基礎代謝を亢進させる働きがあります。
よって、正しい答えとなります。

4.食事誘発性熱産生で発生したエネルギーは、運動には利用できず、熱エネルギーとして、体温の保持に利用されます。

5.体重あたりの基礎代謝量は、除脂肪体重に比例します。

2016/07/30 11:04
ID : hvhomzxu
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。