過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 応用栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

乳幼児期の身体的変化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
頭囲と胸囲が同じとなるのは、4歳頃である。
 2 . 
身長が出生時の2倍となるのは、2歳頃である。
 3 . 
大泉門が閉鎖するのは、生後1か月頃である。
 4 . 
体重が出生時の2倍となるのは、1歳頃である。
 5 . 
乳歯が生え始めるのは、生後6か月頃である。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 5 です。

応用栄養学/成長、発達、加齢からの出題です。

1.頭囲と胸囲が同じくらいになるのは、1歳ごろです。

2.身長が出生時の2倍となるのは、4歳ごろです。

3.大泉門が閉鎖するのは、1歳半ごろです。

4.体重が出生時の2倍となるのは、生後3か月ごろです。

5.正しい記載です。2歳半ごろまでに生えそろいます。

2016/10/30 21:02
ID : oovsedpp
0

1.頭囲と胸囲が同じとなるのは、4歳頃ではなく、1歳頃です。幼児期になると胸囲の方が徐々に大きくなってきます。

2.身長が出生時の2倍(約100cm)となるのは、2歳頃ではなく、4~5歳頃です。

3.頭蓋骨の接合部のうち、出生時に骨相互の間が離れていて、膜のみでふさがれている部位を泉門といいます。大泉門は、冠状縫合と矢状縫合が合わさる部位で前頭骨と両側の頭頂骨の間にあり、閉鎖するのは、生後1か月頃ではなく、1歳半頃です。

4.体重が出生時の2倍(約6kg)となるのは、1歳頃ではなく、生後3~4か月頃です。

5.乳歯の生え始める時期は、個人差がありますが、生後約3~9か月頃です。
よって、正しい答えとなります。

2016/08/01 18:42
ID : hvhomzxu
0

正解は 5 です。

1:頭囲と胸囲が同じとなるのは、生後1年頃です。それまでは、頭囲の方が大きいです。

2:身長が出生時の1.5倍となるのが1歳頃、2倍となるのは4歳頃です。

3:大泉門が閉鎖するのは、1~1歳半頃です。

4:体重が出生時の2倍となるのは、生後3~4か月頃です。

2015/03/25 15:11
ID : zserdqsf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。