過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 応用栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

妊娠期・授乳期に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
吸啜刺激は、プロラクチン分泌を低下させる。
 2 . 
日本人の食事摂取基準(2010年版)では、出産後5か月までの泌乳量を400 mL/日としている。
 3 . 
オキシトシンは、子宮筋の弛緩を促す。
 4 . 
血中エストロゲン値の上昇により、乳汁分泌は促進される。
 5 . 
非妊娠時の体格区分が「ふつう」の妊婦は、妊娠中の推奨体重増加量を7~12 kg とする。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 5 です。

1:吸啜刺激は、プロラクチン分泌を促進します。
脳下垂体前葉から分泌されるプロラクチン(乳腺刺激ホルモン)は、乳汁の産生と分泌を促進します。

2:日本人の食事摂取基準(2010年版)では、出産後15日~5か月までの泌乳量を780mL/日としています。
その後6~8か月で600ml/日、9~11か月で450ml/日です。

3:オキシトシンは、子宮筋の収縮を促します。
脳下垂体後葉から分泌されるオキシトシンは、産褥後の子宮復古(回復)に作用します。
また、プロラクチンと共に吸啜刺激を受けて分泌が促進され、乳腺周囲の筋肉を収縮させて母乳を放出(射乳)する作用もあります。

4:血中エストロゲン値の低下により、乳汁分泌は促進されます。
妊娠中は、胎盤から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンにより、プロラクチンの分泌が抑制されています。
産後は、2つのホルモンの分泌低下によりプロラクチンの分泌が促進され、これに伴い乳汁分泌も促進されます。

2015/03/27 07:40
ID : zserdqsf
0

正解は 5 です。

応用栄養学/妊娠期、授乳期からの出題です。

1.吸啜刺激によってプロラクチンの分泌は促進されます。

2.出産後5か月までの泌乳量は780ml/日とされています。

3.オキシトシンは、子宮筋の収縮を促します。

4.乳汁の分泌は、血中プロラクチンやオキシトシン値の上昇によって促進されます。

5.正しい記載です。

2016/10/30 21:04
ID : oovsedpp
0

1.吸綴刺激は、プロラクチン分泌やオキシトシンの分泌を促進させます。

2.日本人の食事摂取基準(2010年版)では、出産後5か月までの泌乳量を780mL/日としています。
※2015年版の食事摂取基準でも同様です。

3.オキシトシンは射乳の促進とともに、子宮筋を収縮させたり、子宮の回復を促したりします。

4.血中エストロゲン値の低下により、乳汁分泌は促進されます。

5.2006年に厚生労働省より示された「妊婦のための食生活指針」によると、妊娠中の推奨体重増加量は、低体重(やせ)の場合は9~12㎏、ふつうの場合は7~12㎏、肥満でBMIが25.0を超える場合はおよそ5㎏を目安とし、ハイリスクを考慮しながら個別に考慮するとされています。
3つの体格区分のうち、どこに属するかはBMIをもとに決められます。
よって、正しい答えとなります。

2016/08/01 18:57
ID : hvhomzxu
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。