過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 応用栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

離乳の進め方に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
哺乳反射の減弱は、離乳完了の目安となる。
 2 . 
手づかみ食べは、摂食機能の発達を促す。
 3 . 
卵黄(固ゆで)は、生後5、6か月頃から与える。
 4 . 
離乳食を1日3回にするのは、離乳開始後1か月頃である。
 5 . 
フォローアップミルクは、育児用ミルクの代替品である。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 2 です。

1:哺乳反射の減弱は、離乳完了ではなく離乳開始の目安となります。

3:卵黄(固ゆで)は、生後7、8か月頃から与え始め、少しずつ全卵に移行します。
アレルギー性が高いのは、卵白の方です。

4:離乳食を1日3回にするのは、離乳開始後4か月(生後9か月)頃です。

5:フォローアップミルクは、育児用ミルクの代替品ではありません。
生後9か月~3歳頃にかけて不足しがちなたんぱく質・カルシウム・鉄・ビタミン等を補う目的で調整された粉乳です。

2015/03/27 08:51
ID : zserdqsf
0

正解は 2 です。

応用栄養学/新生児期、乳児期からの出題です。

1.哺乳反射の減弱は、離乳開始の目安となります。

2.正しい記載です。食べる楽しみが摂食につながります。

3.卵黄(固ゆで)を与える目安は生後7、8カ月頃です。

4.離乳食を1日3回にするのは、離乳食開始後4カ月頃です。

5.フォローアップミルクは離乳食でほぼ栄養が摂れている前提のものなので、育児用ミルクの代替品ではありません。

2016/10/30 21:05
ID : oovsedpp
0

1.哺乳反射の減弱は、離乳開始の目安となります。

2.手づかみ食べは、摂食機能の発達を促し、手で食べることや噛むことの練習にもなってきます。
よって、正しい答えとなります。

3.卵黄(固ゆで)は、生後7~8か月頃から与えます。

4.離乳食を1日3回にするのは、生後9~11か月頃です。

5.フォローアップミルクは、離乳食が順調に進まず、鉄不足のリスクが高い場合に使用するものであって、育児用ミルクの代替品ではありません。

2016/08/01 19:20
ID : hvhomzxu
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。