過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 応用栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

幼児期の栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
カウプ指数による肥満判定基準には、男女差がある。
 2 . 
1~2歳児の基礎代謝基準値は、3~5歳児より高い。
 3 . 
体重当たりのたんぱく質維持必要量は、男児が女児より多い。
 4 . 
マラスムス(marasmus)では、浮腫がみられる。
 5 . 
食事の脂肪エネルギー比率は、30~40%が適当である。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 2 です。

応用栄養学/成長期(幼児期、学童期、思春期)からの出題です。

1.カウプ指数の判定基準に男女差は設定されていません。

2.正しい記載です。

3.男女差なく設定されています。

4.浮腫がみられるのは、クワシオルコルです。

5.脂肪のエネルギー比率は20~30%が適当です。

2016/10/30 21:06
ID : oovsedpp
0

1.カウプ指数による肥満判定基準には、年齢差があります。男女差はありません。

2.基礎代謝基準値は、1~2歳で最も高くなります。
よって、正しい答えとなります。

3.体重あたりのたんぱく質維持必要量は、男女差はなく同一です。

4.浮腫がみられるのは、マラスムスではなく、クワシオルコルです。

5.食事の脂肪エネルギー比率は、20~30%が適当です。

2016/08/01 19:24
ID : hvhomzxu
0

正解は 2 です。

1:カウプ指数は、乳幼児を対象とした肥満判定基準であり、男女差は設けられていません。

2:基礎代謝基準値は、男女とも1~2歳児が最大です。

3:体重当たりのたんぱく質維持必要量は、幼児期においては男女差・年齢差がない。

4:マラスムスは、エネルギー・たんぱく質共に不足している状態で、低身長・低体重等がみられますが、浮腫はありません。
クワシオルコルは、エネルギーに対して相対的にたんぱく質が不足している状態で、浮腫がみられます。

5:食事の脂肪エネルギー比率は、幼児期では男女共に20~30%が適当とされています。

2015/03/27 09:17
ID : zserdqsf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。