過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 応用栄養学    管理栄養士 過去問 | 無料の過去問題

問題

思春期の女子に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
思春期発育急進現象(思春期スパート)の開始は、男子より遅い。
 2 . 
貧血の多くは、巨赤芽球性貧血である。
 3 . 
神経性食欲不振症は、男子より少ない。
 4 . 
カルシウム蓄積速度は、思春期前半に最大となる。
 5 . 
卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌量は、思春期前に比べ低下する。
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
1

正解は 4 です。

応用栄養学/成長期(幼児期、学童期、思春期)からの出題です。

1.思春期スパートは男子より女子の方が早いです。

2.貧血の多くは、鉄欠乏性貧血です。

3.神経性食欲不振症は男子よりも多く見られます。

4.正しい記載です。12歳~14歳頃が最大です。

5.卵胞刺激ホルモンの分泌量が増加してきます。

2016/10/30 21:07
ID : oovsedpp
付箋メモを残すことが出来ます。
1

1.思春期発育急進現象(思春期スパート)の開始は、女子が11~13歳であるのに対し、男子は13~15歳で、女子は男子より約2年早いです。

2.貧血の多くは、鉄欠乏性貧血です。

3.神経性食欲不振症は、男子よりも多いです。

4.カルシウム蓄積速度は、思春期に最大となりますが、ピークは前半です。
よって、正しい答えとなります。

5.卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌量は、思春期前に比べ、増加します。

2016/08/01 19:39
ID : hvhomzxu
1

正解は 4 です。

1:思春期発育急進現象(思春期スパート)の開始は、一般的には男子より女子の方が早いです。

2:貧血の多くは、鉄欠乏性貧血(小球性低色素性貧血)です。

3:神経性食欲不振症は心因性の摂食障害であり、男子より多いです。

5:卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌量は、思春期前に比べ増加します。
卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体形成ホルモン(LH)などの性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)の分泌により、卵巣が発達して卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌され、男子より早く生殖腺機能が発達します。

2015/03/30 07:23
ID : zserdqsf
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の記事
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。