管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15333問 出題

問題

糖尿病性腎症の顕性腎症前期(第3期A)の食事療法に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
たんぱく質は、0.8~1.0 g/kg標準体重/日とする。
 2 . 
カルシウムは、400 mg/日以下にする。
 3 . 
水分は、前日の尿量分に制限する。
 4 . 
カリウムは、500 mg/日以下にする。
 5 . 
エネルギー量は、40 kcal/kg標準体重/日とする。
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
5
評価しない
正解は 1 です。

2:カルシウムは、特に制限しません。

3:水分は、特に制限しません。ただし、第3期B以降は浮腫と心不全の有無により、水分を制御します。

4:カリウムは、特に厳しい制限は行わず、2,000mg/日以下です。ただし、第3期B以降は1,500mg/日以下を目安に適宜制限します。

5:エネルギー量は、25~30kcal/kg標準体重/日とします。ただし、第3期B以降は増えます。
評価後のアイコン
2015/05/11 07:53
ID : zserdqsf
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
顕性腎症期(第3期A)は、顕性アルブミン尿が300以上または持続性たんぱく尿0.5以上、腎機能30以上で、厳格な血糖コントロールや降圧治療、たんぱく質制限を行います。

1. たんぱく質は、顕性腎症期(第3期)では、0.8~1.0g/標準体重kg/日とするので正となります。早期腎症(第2期)では1.0~1.2g/標準体重kg/日、腎不全期(第4期)では0.6~0.8g/標準体重kg/日、透析療法期(第5期)は透析療法患者の食事療法に準ずるとしています。

2. カルシウムの制限は特にないので、食事摂取基準の目標量を摂取するように努めます。よって誤となります。

3. 水分は浮腫の程度、心不全の有無により適宜制限をするので誤となります。

4. カリウムは、厳しい制限はありませんが、第3期Bでは軽度制限します。よって誤となります。

5. エネルギー量は、25~35kcal/標準体重kg/日としますので誤となります。

よって正解は、1. となります。

評価後のアイコン
2016/09/29 21:03
ID : ftvfcgqaq
評価する
0
評価しない
正解は 1 です。

臨床栄養学/疾患・病態別栄養ケア・マネジメントからの出題です。

1:文章の通りです。

2:カルシウムについては病態に合わせた摂取ではなく、食事摂取基準に沿って摂取していきます。

3:水分の制限はありません。

4:高カリウム血症がない場合には、カリウムの制限はありません。

5:エネルギー量は25~30kcal/㎏標準体重/日とします。
評価後のアイコン
2016/03/20 13:25
ID : oovsedpp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。