過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

嚥下の過程とその内容の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
咽頭期 ----- ぜん動運動
 2 . 
食道期 ----- 随意運動
 3 . 
口腔期 ----- 咀嚼
 4 . 
先行期 ----- 食塊の形成
 5 . 
準備期 ----- 食物の捕捉
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は 5 です。

臨床栄養学/疾患・病態別栄養ケア・マネジメントからの出題です。

嚥下の過程は、先行期 → 準備期 → 口腔期 → 咽頭期 → 食道期 と進みます。

1:咽頭期は不随意運動(嚥下反射)が誘発されてから咽頭を通過していきます。

2:食道期は食道の蠕動運動によって通過していきます。

3:口腔期は舌を使って食物を後方に送り込みます。

4:先行期は食物認知をします。

5:正しい組み合わせです。準備期は食物を口腔内に取りこんで、咀嚼して飲み込みやすい物性にしていきます。

2016/03/20 21:29
ID : oovsedpp
2

正解は 5 です。

嚥下の過程は5つの時期に分けられます。

先行期:食物を認知し、その質や量を判断し、口に運ぶ。
準備期:口に入った物を咀嚼し、飲み込みやすいように食塊を作る。
口腔期:舌運動により、食塊を口腔から咽頭に送り込む。(以降は反射的に進む)
咽頭期:咽頭に入ってきた食塊を、食道に送り込む。
食道期:食道に入ってきた食塊を、蠕動運動により胃に送り込む。

1:ぜん動運動は、咽頭期ではなく食道期です。

2:随意運動とは、自分の意思により行われる運動のことです。
食道期は、不随意運動(反射運動)です。

3・4:咀嚼と食塊の形成は、準備期に当たります。

5:食物が口に入るのは、準備期です。

2015/05/15 08:56
ID : zserdqsf
1

◎嚥下の過程
・先行期…食べ物の形や量などを認識して食べ方を判断したり、唾液の分泌を促進します。
・準備期…食べ物を咀嚼し、飲み込みやすい形にします。
・口腔期…飲み込みやすい形にした食塊が、舌の運動により咽頭へ送られます。
・咽頭期…食塊が咽頭を通過し、気管へ入らないようにして食道へ送り込みます。
・食道期…上食道括約筋を収縮して、食道を閉鎖し、咽頭への逆流を防ぎ、胃に送りみます。

1. 咽頭期では、蠕動運動ではないので誤となります。蠕動運動は食道期で行われています。

2. 食道期は蠕動運動で不随意運動になるので誤となります。

3. 口腔期は、食塊が咽頭に送られます。咀嚼は準備期に行うので誤となります。

4. 先行期は食べ物を認識したり、唾液の分泌を促進するので誤となります。食塊の形成は準備期に行います。

5. 準備期は、食べ物を捕捉し、食塊を形成するので正となります。

よって正解は、5. となります。

2016/09/30 18:37
ID : ftvfcgqaq
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。