過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 公衆栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

特定健康診査・特定保健指導に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
事業の企画はアウトソーシングできる。
 2 . 
65歳以上の対象者を優先して、積極的支援を行う。
 3 . 
疾病の三次予防を目的としている。
 4 . 
禁煙指導は含まれない。
 5 . 
受診者全員に個別対応の情報を提供する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 5 です。

1:事業の実施はアウトソーシングできますが、企画・評価は医療保険者自らが行います。

2:65歳以上ではなく、40~65歳未満の対象者を優先して、積極的支援を行います。

3:疾病の三次予防ではなく、一次予防を目的としています。

4:禁煙指導は含まれます。

2015/06/29 07:26
ID : zserdqsf
0

正解は5.【受診者全員に個別対応の情報を提供する。】です。

特定健康診査・特定保健指導は、「高齢者の医療の確保に関する法律」
の規定に基づいて実施される健診制度です。
実施主体は医療保険者、対象者は40~74歳の被保険者・被扶養者であり、
特にメタボリックシンドロームに着目して、毎年度、
計画的に実施されます。
リスクの少ないものには情報提供を、リスクが高くなるにつれ動機づけ支援、
積極的支援を行います。

以下、詳細の説明です。

1.×
事業の企画自体は医療保険者が行うため、アウトソーシングできません。
「高齢者の医療の確保に関する法律」第28条によると、
事業の実施は委託できると明記されています。

2.×
65歳以上ではなく、40~65歳未満の対象者を優先して積極的支援を行います。

3.×
疾病の三次予防ではなく、一次予防を目的としています。

4.×
特定健康診査・特定保健指導には禁煙指導も含まれます。

5.○
受診者全員に個別対応の情報を提供しています。

2016/09/30 20:24
ID : hyqgtumzsd
0

正解:5

特定健康診査・特定保健指導では受信者全員に個別対応の情報を提供します。

1.事業の企画は医療保険者が行っているためアウトソーシングすることはできません。事業の実施についてはアウトソーシングすることができます。

2.積極的支援は40〜65歳未満の対象者を優先して行います。

3.特定健康診査・特定保健指導では疾病の一次予防を目的としています。

4.特定健康診査・特定保健指導には禁煙指導も含まれています。

2016/07/05 13:40
ID : opbapyocf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。