過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 給食経営管理論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

特定給食施設における日本人の食事摂取基準(2010年版)に基づく給与目標量の設定に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
食塩相当量は、目標量(DG)を下回らないようにする。
 2 . 
炭水化物エネルギー比率は、50%を超えないようにする。
 3 . 
脂肪エネルギー比率は、20%を超えないようにする。
 4 . 
たんぱく質は、推定平均必要量(EAR)を用いる。
 5 . 
エネルギー量は、推定エネルギー必要量(EER)を用いる。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 5 です。

1:食塩相当量は、目標量(DG)を上回らないようにします。

2:炭水化物エネルギー比率は、50~70%を目指します。

3:脂肪エネルギー比率は、20~25%を目指します。

4:たんぱく質は、推奨量(RDA)を用います。

2015/07/02 10:47
ID : zserdqsf
0

正解は5.【エネルギー量は、推定エネルギー必要量(EER)を用いる。】です。

以下、詳細の説明です。

1.×
食塩相当量は、目標量(DG)を下回るように設定します。

2.×
炭水化物エネルギー比率は、50~70%未満としています。

3.×
脂肪エネルギー比率は、20~25%を目指します。

4.×
たんぱく質は、推定平均必要量(EAR)ではなく、推奨量(RDA)を用います。
上限値に%エネルギーで20%未満を用います。

5.○
エネルギー量は、推定エネルギー必要量(EER)を用います。
栄養アセスメントにより得られた性、年齢、体重および身体活動レベルをもとに、
基礎代謝基準値を用いて算出します。

2016/09/30 20:36
ID : hyqgtumzsd
0

正解:5

エネルギー量は推定エネルギー必要量(EER)を用いて設定します。

1.食塩相当量は目標量(DG)を上回らないように設定します。

2.炭水化物エネルギー比率は50〜70%を目指して設定します。

3.脂肪エネルギー比率は20〜25%を目指して設定します。

4.たんぱく質は推奨量(RDA)を用いて設定します。

2016/07/11 12:58
ID : opbapyocf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。