管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15380問 出題

問題

ハンバーグ調理の作業工程時に想定される危害と、その対応の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
配膳時の異物混入 --------- 再加熱
 2 . 
成型時の細菌汚染 --------- 専用手袋の着用
 3 . 
材料受け入れ時の腐敗 ----- 手指の洗浄・殺菌
 4 . 
混合時の細菌増殖 --------- 加熱
 5 . 
加熱時の細菌生残 --------- アルコール消毒

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
正解は2.【成型時の細菌汚染 - 専用手袋の着用】です。

以下、詳細の説明です。

1.×
配膳時の異物混入は、マスクや専用手袋、帽子の着用により防止に努めます。

2.〇
成型時の細菌汚染は専用エプロンや手袋の着用で防止します。

3.×
材料受け入れ時の腐敗は、食材料の納入時に担当者が立ち会い、
検収室で品温等を点検することによって対応します。

4.×
混合時の細菌増殖は、品温管理によって防止します。
挽肉保管時の冷蔵庫内温度を測定し、記録しておきます。

5.×
加熱時の細菌生残は、加熱不足の可能性があります。
中心温度(75℃以上)を測定後、さらに1分間以上加熱することが必要です。
評価後のアイコン
2016/10/16 21:55
ID : hyqgtumzsd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:2

成型時の細菌汚染は調理に携わる者により危害が想定されるため、専用手袋の着用や手指の洗浄・殺菌、アルコール消毒などで防ぎます。

1.配膳時の異物混入は盛りつけ・配膳担当者により危害が想定されるため、専用の手袋や帽子の着用などを徹底しなければなりません。

3.材料受け入れ時の腐敗は、配送時の温度管理により危害が想定されるため、品温の測定を確認します。

4.混合時の細菌増殖は、混合時のひき肉の温度管理により危害が想定されるため、混合する前の冷蔵庫内の温度等を測定して確認します。

5.加熱時の最近生残は、加熱温度75℃1分間以上を満たしていないことにより着がいが想定されるため、基準通りの加熱をしなければなりません。
評価後のアイコン
2016/07/11 14:47
ID : opbapyocf
評価する
0
評価しない
正解は 2 です。

1:配膳時の異物混入については、毛髪が原因であることが多いため、帽子の適切な着用と毛髪チェック等をしっかり行います。

3:材料受け入れ時の腐敗については、配送中の保管温度に問題があることが多いため、受け入れ時に品温をチェックします。

4:混合時の細菌増殖については、挽肉の温度に原因があることが多いため、保管時の冷蔵庫内温度をチェックしておきます。

5:加熱時の細菌生残については、加熱不足に原因があることが多いため、75℃で1分間以上加熱するという管理基準をしっかり満たしているかをチェックします。
評価後のアイコン
2015/07/08 09:08
ID : zserdqsf
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。