過去問.com
過去問.com  >   管理栄養士 過去問  >   過去問題 一覧  >   管理栄養士 過去問 第26回 一覧  >   社会・環境と健康 問題15401
問題

管理栄養士 過去問
社会・環境と健康 問題15401

あるコホート集団において、肺がんによる死亡を5年間追跡調査した結果を、下表に示す。肺がんに対する曝露Aの寄与危険(10万人年対)である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
500
 2 . 
50
 3 . 
100
 4 . 
2
 5 . 
1.5
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
3

正解は 1 です。

寄与危険は要因の暴露により、疾病の発生や死亡がどれだけ増減したかを示す指標です。

暴露Aあり、なしの肺がんによる死亡率を10万人年対を求めます。
暴露Aあり:200/0.2=1000
暴露なし :150/0.3=500

寄与危険=要因暴露群の罹患率(死亡率)-非暴露群の罹患率(死亡率)で算出されるので、
1000-500=500 となります。

※表の観察人年は1万人年ですが、求めるのは10万人年対ですので、暴露Aありは、肺がんによる死亡人数を、0.2(20000/100000)で割っています。

2015/06/18 15:57
ID : qbdskssuxd
付箋メモを残すことが出来ます。
0

寄与危険とは、要因曝露群の疾病発生率が非曝露群の疾病発生率に対して、どのくらい増加しているかを示したものです。

したがって、求め方は下記のようになります。
要因曝露群の疾病発生率=200÷20000=1/100
非曝露群の疾病発生率=150÷30000=1/200
1/100 - 1/200 = 1/200
となります。

10万人年対であるため、
1/200 × 10万 = 500 となります。

よって、1番が正しい答えとなります。 

2016/09/16 20:30
ID : hvhomzxu
0

正解は 1 です。

社会・環境と健康/健康状態・疾病の測定と評価からの出題です。

寄与危険はリスク要因の曝露によって、罹患の危険がどれだけ増加したかをみるもので、
寄与危険度=曝露群の罹患率-非曝露群の罹患率
で求められます。

(200/20,000)-(150/30,000)=0.01-0.005=0.005
これを10万人あたりに直すと、
0.005×100,000=500
となりますので、正解は 1 と分かります。

2016/03/26 20:27
ID : oovsedpp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ アプリ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。