過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 社会・環境と健康  過去問題 | 無料の試験問題

問題

悪性新生物とそのリスク因子の組合せである。誤っているのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
乳がん ---------- 肥満
 2 . 
肝がん ---------- アフラトキシン
 3 . 
胃がん ---------- 高塩分食品
 4 . 
大腸がん ------- ノロウイルス
 5 . 
喉頭がん ------- アルコール
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

1.乳がんのリスク因子は、肥満のほか、出産の経験がないことや月経周期が短いことなどが挙げられます。

2.肝がんのリスク因子は、アフラトキシンによるものや喫煙が確実だとされていて、特に輸入された落花生は危険だといわれています。

3.胃がんのリスク因子は、高塩分食品のほか、喫煙や多量の飲酒、ヘリコバクターピロリ菌などが挙げられます。

4.ノロウイルスは胃腸炎の原因で、大腸がんのリス
ク因子ではありません。
大腸がんのリスク因子は、高脂肪食です。
よって、誤った答えとなります。

5.喉頭がんのリスク因子は、アルコールのほか、喫煙やアスベストへの曝露が挙げられます。

2016/09/17 22:13
ID : hvhomzxu
0

正解は 4 です。

社会・環境と健康/主要疾患の疫学と予防対策からの出題です。

1:乳がんのリスク因子としては、肥満やコレステロールの過剰摂取などが知られています。

2:肝がんのリスク因子としては、飲酒や低栄養、B型やC型の肝炎ウイルスが知られています。アフラトキシンはカビ毒で、急性毒性としては肝臓障害、慢性毒性としては肝がんを発生させるとされています。

3:胃がんのリスク因子としては、高塩分食品、喫煙、ヘリコバクター・ピロリ菌などが知られています。

4:大腸がんのリスク因子には、コレステロールの過剰摂取などが挙げられます。ノロウイルスは食中毒を引き起こす原因として注意が必要なものです。

5:喉頭がんのリスク因子には、喫煙や飲酒が挙げられます。

2016/03/27 12:13
ID : oovsedpp
-1

正解は 4 です。

大腸がんのリスク因子として重要なのは、脂肪の過剰摂取、肥満等です。
ノロウイルスは食中毒の原因物質で、大腸がんのリスク因子ではありません。

2015/06/18 18:14
ID : qbdskssuxd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。