過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 社会・環境と健康  過去問題 | 無料の試験問題

問題

2000年以降、女性において年齢調整死亡率が増加している疾患である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
子宮がん
 2 . 
乳がん
 3 . 
心疾患
 4 . 
胃がん
 5 . 
脳血管疾患
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 2 です。

1.子宮がんの年齢調整死亡率は減少傾向です。

2.乳がんの年齢調整死亡率は増加傾向です。

3.心疾患の年齢調整死亡率は減少傾向です。

4.胃がんの年齢調整死亡率は減少傾向です。

5.脳血管疾患の年齢調整死亡率は減少傾向です。

2015/06/18 18:27
ID : qbdskssuxd
0

1.子宮がんの年齢調整死亡率は横ばい傾向にあります。

2.乳がんの年齢調整死亡率は増加傾向にあります。
よって、正しい答えとなります。

3.心疾患の年齢調整死亡率は減少傾向にあります。

4.胃がんの年齢調整脂肪率は減少傾向にあります。

5.脳血管疾患の年齢調整死亡率は減少傾向にあります。
これにより、3位の死因でもあった脳血管疾患は肺炎と入れ替わり、4位となりました。
 

2016/09/17 22:19
ID : hvhomzxu
0

正解は 2 です。

社会・環境と健康/主要疾患の疫学と予防対策からの出題です。

女性における年齢調整死亡率がどのように推移しているかを見ると、
1:子宮がん → ほぼ横ばい
2:乳がん → やや増加傾向
3:心疾患 → 減少傾向
4:胃がん → 減少傾向
5:脳血管疾患 → 減少傾向
となり、正解が 2 だと分かります。
ただし、出題年(2012年)時点で確認できる数字ではやや増加傾向であったものの、だんだんとほぼ横ばい状態になってきているので、受験時には最新のデータに注意しておきましょう。

2016/03/27 12:18
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。