過去問.com
過去問.com  >   管理栄養士 過去問  >   過去問題 一覧  >   管理栄養士 過去問 第26回 一覧  >   人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 問題15415
問題

管理栄養士 過去問
人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 問題15415

ヒトの細胞に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
滑面小胞体では、脂質の代謝が行われる。
 2 . 
リソソームでは、ATPの合成が行われる。
 3 . 
細胞内液のNa+濃度は、細胞外液より高い。
 4 . 
ゴルジ体では、遺伝情報の転写が行われる。
 5 . 
細胞膜のリン脂質は、親水性部分が向き合って二重層をつくる。
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
1

1.粗面小胞体ではたんぱく質が合成されていて、滑面小胞体では脂質の代謝が主に行われています。
よって、正しい答えとなります。

2.ATPの合成が行われているのは、ミトコンドリアです。
リソソームは、不要になった細胞の構造物や異物を処理するはたらきがあります。

3.細胞内液ではカリウム濃度の方が、細胞外液より高いです。
細胞外液ではナトリウム濃度の方が、細胞内液より高くなります。

4.遺伝情報の転写が行われるのは、核内です。
ゴルジ体は、リボソームで合成したたんぱく質に糖鎖の付加など修飾をするはたらきがあります。

5.細胞膜のリン脂質は、疎水性部分が向き合って二重層をつくります。

2016/09/18 22:39
ID : hvhomzxu
付箋メモを残すことが出来ます。
0

正解は 1 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/人体の構造からの出題です。

1:滑面小胞体とはリボソームの付着していない小胞体のことをいいます。コレステロール等の合成や脂肪酸の不飽和化といった脂肪の代謝が行われます。

2:ATPの合成が行われるのは、ミトコンドリアです。

3:Na+濃度は細胞外液の方が細胞内液よりも高くなります。

4:遺伝情報の転写が行われるのは核です。

5:リン脂質は分子中に疎水性部分と親水性部分を持ちますが、二重層は疎水性部分が向き合ってつくられます。

2016/03/30 09:47
ID : oovsedpp
0

正解は 1 です。

2.ATPの合成が行われるのはミトコンドリアです。

3.細胞内液のNa+濃度は、細胞外液より低くいです。

4.遺伝情報の転写が行われるのは、核です。

5.細胞膜のリン脂質は、疎水性部分が向き合って二重層をつくります。

2015/06/19 20:39
ID : qbdskssuxd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ アプリ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。