過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

生体エネルギーと代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
Na+, K+-ATPaseは、K+を細胞外へ排出する。
 2 . 
代謝過程で生じた熱は、身体活動のためのエネルギー源として利用することができる。
 3 . 
脂肪酸のβ酸化経路には、中間代謝物と酸素分子が反応する過程はない。
 4 . 
摂取した水分子の酸素原子は、呼気中の二酸化炭素分子には含まれない。
 5 . 
脱共役たんぱく質(UCP)は、酸化的リン酸化を促進する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は 3 です。

1.Na+,K+-ATPaseは、Na+を細胞外へ排出し、K+を細胞内に取り込みます。

2.代謝過程で生じた熱は、身体活動のためのエネルギー源として利用することはできません。
身体活動のためのエネルギー源としては、主にATPが利用されます。

4.摂取した水分子の酸素原子は、呼気中の二酸化炭素分子には含まれます。

5.脱共役たんぱく質(UCP)は、酸化的リン酸化を抑制(脱共役)します。

2015/06/19 21:21
ID : qbdskssuxd
0

1.Na+,K+-ATPaseは、K+を細胞内へ、Na+を細胞外へ排出し、能動輸送で使用されます。

2.代謝過程で生じた化学エネルギーは、身体活動のためのエネルギー源となりますが、熱は体温の上昇に使用されます。

3.長鎖脂肪酸は細胞質で活性化されてアシル-CoAになりますが、ミトコンドリア内膜をを通過できないので、いったんカルニチンと結合してから、ミトコンドリアのマトリックス内に取り込まれます。そして、再び脂肪酸アシル-CoAに再生されます。カルニチンやアシル-カルニチンはミトコンドリア内膜を通る事ができます。ミトコンドリアに取り込まれた脂肪酸アシル-CoAはβ酸化の出発原料となり,アセチル-CoAにまで分解されます。この過程において、中間代謝物と酸素分子が反応するところはありません。
よって、正しい答えとなります。

4.摂取した水分子の酸素原子は、呼気中の二酸化炭素分子に含まれます。

5.脱共役たんぱく質(UCP)は、電子伝達系でミトコンドリアの膜間腔に蓄積されたH+を、ATP合成酵素のかわりに通して熱を放出するため、酸化的リン酸化を阻害します。

2016/09/18 22:55
ID : hvhomzxu
0

正解は 3 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/生体エネルギーと代謝からの出題です。

1:Na+、K+-ATPasehaは、K+を細胞内に、Na+を細胞外に交換移動させます。

2:身体活動に利用されるエネルギー源は主にATPです。代謝過程で生じた熱を利用することはできません。

3:記載の通りです。

4:TCA回路において水分子由来の酸素原子の一部が炭素と結合して、二酸化炭素として呼気中に排泄されます。

5:脱共役たんぱく質(UCP)は、電子伝達のエネルギーをATPではなく熱エネルギーに変えてしまうもので、酸化的リン酸化を促進するのではなく、脱共役します。

2016/03/30 10:04
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。