過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

アミノ酸・たんぱく質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
尿素回路は、肝臓に存在する。
 2 . 
アラニンは、アミノ基転移反応によりオキサロ酢酸になる。
 3 . 
アスパラギン酸は、ケト原性アミノ酸である。
 4 . 
プロテインキナーゼは、たんぱく質分解酵素である。
 5 . 
オートファジー(autophagy)は、たんぱく質を合成する作用である。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
4

正解は 1 です。

2.アラニンは、アミノ基転移反応によりピルビン酸になります。

3.アスパラギン酸は、糖原性アミノ酸です。

4.プロテインキナーゼは、たんぱく質リン酸化酵素です。

5.オートファジー(autophagy)は、自食作用とも呼ばれ、たんぱく質取り込み分解する作用です。

2015/06/19 21:37
ID : qbdskssuxd
1

正解は 1 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/アミノ酸・たんぱく質・糖質・脂質の代謝からの出題です。

1:文章の通りです。アンモニアは人体にとって有害なので、肝臓の尿素回路で毒性の低い尿素に変換されて腎臓に運ばれた後、尿中へ排出されます。

2:アラニンはアミノ基転移反応によって、ピルビン酸になります。

3:アスパラギン酸は糖原性アミノ酸です。糖原性アミノ酸とは、糖質代謝経路に入ってグルコースに変換されるアミノ酸のことです。

4:たんぱく質分解酵素は「プロテアーゼ」です。プロテインキナーゼはたんぱく質リン酸化酵素です。

5:オートファジー(autophagy)とは、自己の細胞成分を分解する機能のことです。オートは「自己」、ファジーは「食べる」という意味なので、自食作用ともいいます。体たんぱく質の分解機構の一つです。

2016/04/03 17:26
ID : oovsedpp
0

1.肝臓にある尿素回路において、アンモニアから尿素が生成されています。
よって、正しい答えとなります。

2.アラニンは、アミノ基転移反応によりピルビン酸になります。

3.アスパラギン酸は、糖原性アミノ酸です。アスパラギン酸のほか、アラニンやグルタミン酸も糖原性アミノ酸に該当します。

4.プロテインキナーゼは、たんぱく質リン酸化酵素です。たんぱく質分解酵素は、プロテアーゼです。

5.オートファジーは、たんぱく質を分解する作用です。オートファジーとは、細胞内のたんぱく質をリソソームを用いて分解する機構です。

2016/09/19 19:21
ID : hvhomzxu
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。