過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

糖質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
グルカゴンは、グリコーゲン合成を促進する。
 2 . 
ヘキソキナーゼは、糖新生系の律速酵素である。
 3 . 
グリコーゲンが加リン酸分解されると、グルコースが生成する。
 4 . 
肝臓には、グルコース-6-ホスファターゼが存在する。
 5 . 
ペントースリン酸回路は、尿素回路の側路である。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

1.グルカゴンは、グリコーゲン分解を促進するホルモンです。

2.ヘキソキナーゼは、解糖系の律速酵素です。ヘキソキナーゼのほか、ホスホフルクトキナーゼ、ピルビン酸キナーゼが解糖系の律速酵素に該当します。
糖新生系の律速酵素は、グルコース-6-ホスファターゼです。

3.グリコーゲンが加リン酸分解されると、グルコース-1-リン酸が生成します。

4.グルコース-6-ホスファターゼは、糖新生系の酵素で肝臓以外には腎臓に存在します。
よって、正しい答えとなります。

5.ペントースリン酸回路は、解糖系の側路で、グルコース-6-リン酸からリボース-5-リン酸を生成し、再び解糖系に戻る回路です。

2016/09/19 19:30
ID : hvhomzxu
0

正解は 4 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/アミノ酸・たんぱく質・糖質・脂質の代謝からの出題です。

1:グリコーゲン合成を促進するのはインスリンです。グルカゴンはグリコーゲン分解を促進して血糖値を上げるホルモンです。

2:ヘキソナーゼはATPを利用して解糖系でグルコースをグルコース-6-リン酸にリン酸化する律速酵素です。

3:グリコーゲンが加リン酸分解されて生成するのは、グルコース-1-リン酸です。

4:文章の通りです。肝臓にはグルコース-6-ホスファターゼが存在していて、グルコース-6-リン酸から脱リン酸して、グルコースを生成します。

5:ペントースリン酸回路は、解糖系の側路です。

2016/04/03 17:34
ID : oovsedpp
0

正解は 4 です。

1.グルカゴンはグリコーゲンの分解を促進します。
グリコーゲンの合成を促進するのは、インスリンです。

2.ヘキソキナーゼは、解糖系の律速酵素です。

3.グリコーゲンが加リン酸分解されると、グルコース-1-リン酸が生成します。

5.ペントースリン酸回路は、解糖系の側路です。

2015/06/19 22:38
ID : qbdskssuxd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。