管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15421問 出題

問題

脂質とその代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
リポたんぱく質のコア部分は、リン脂質からなる。
 2 . 
HDLの粒子径は、キロミクロンより大きい。
 3 . 
スカベンジャー受容体は、酸化LDLを結合する。
 4 . 
インスリンは、リポたんぱく質リパーゼ活性を低下させる。
 5 . 
肝臓のLDL受容体は、HMG-CoA還元酵素の阻害に伴って減少する。

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
正解は 3 です。

1.リポたんぱく質のコア部分は、コレステロールと中性脂肪からなります。

2.HDLの粒子径は、キロミクロンより小さいです。
リポたんぱくは、
キロミクロン>VLOL>LDL>HDL
の順で小さくなります。

4.インスリンは、リポたんぱく質リパーゼ活性を上昇させます。
インスリンが活性を低下させるのは、ホルモン感受性リパーゼです。

5.肝臓のLDL受容体は、HMG-CoA還元酵素の阻害に伴って増加します。
HMG-CoA還元酵素の阻害によってコレステロール合成が減少し、コレステロールの細胞の取り込みを増やすために、肝臓のLDL受容体が増加します。
評価後のアイコン
2015/06/19 23:10
ID : qbdskssuxd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.リポたんぱく質の表面部分は、リン脂質からなります。コア部分には、トリアシルグリセロールやコレステロールが含まれています。

2.HDLの粒子径は、キロミクロンより小さいです。
リポたんぱく質の粒子径は大きい方から、キロミクロン>VLDL>LDL>HDLとなります。

3.スカベンジャー受容体には、酸化されたLDLを取り込む働きがあり、マクロファージの細胞表面などに存在しています。
よって、正しい答えとなります。

4.インスリンは、リポたんぱく質リパーゼ活性を促進させます。
リポたんぱく質リパーゼは、リポたんぱく質に含まれるトリアシルグリセロールを脂肪細胞内で分解し、遊離した脂肪酸を細胞内に取り込みます。

5.肝臓のLDL受容体は、HMG-CoA還元酵素の阻害に伴って増加します。
HMG-CoA還元酵素が阻害されると、肝臓で合成されるコレステロールの量が減少します。すると、肝細胞がコレステロールを取り込むようにはたらき、結果的に肝臓ではLDL受容体が多く作られるようになり、血液から肝臓へLDL-コレステロールが取り込まれるようになります。
評価後のアイコン
2016/09/19 19:41
ID : hvhomzxu
評価する
0
評価しない
正解は 3 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/アミノ酸・たんぱく質・糖質・脂質の代謝からの出題です。

1:リポたんぱく質は脂質とたんぱく質の複合体で、コア部分は中性脂肪とコレステロールエステルです。

2:リポたんぱくの粒子径は、キロミクロン、VLDL、LDL、HDLの順で小さくなります。

3:文章の通りです。スカベンジャーとは「清掃動物」という意味で、スカベンジャー受容体は変性LDLと結合して、正常なLDLとは結合しません。

4:リポたんぱく質リパーゼは末梢血管壁でトリアシルグリセロールを脂肪酸とグリセロールに分解します。インスリンは食後に分泌されるホルモンですので、リポたんぱく質リパーゼ活性を上昇させ、トリアシルグリセロールの細胞内取り込みを促進させます。

5:肝臓のLDL受容体は、HMG-CoA還元酵素の阻害に伴って増加します。HMG-CoA還元酵素が阻害してコレステロール合成が阻害されると、コレステロールの細胞への取り込みを増やすために肝臓のLDL受容体が増加します。
評価後のアイコン
2016/04/03 17:49
ID : oovsedpp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。