過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

がんに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
A型肝炎ウイルスは、肝細胞がん発症と密接な関係がある。
 2 . 
原発性肺がんの大部分は、移行上皮がんである。
 3 . 
p53は、がん遺伝子の一つである。
 4 . 
がん細胞が腹膜にばらまかれる進展様式を播種という。
 5 . 
腸上皮化生は、直腸がんの前がん状態である。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は 4 です。

1.肝細胞がん発症と密接な関係があるのはB型とC型肝炎ウイルスです。

2.原発性肺がんは、線がんが最も多くなっています。(大部分ではありません)

3.p53は、がん抑制遺伝子です。

5.腸上皮化生は、胃がんの前がん状態です。

2015/06/20 15:35
ID : qbdskssuxd
0

1.肝細胞がんの発症と密接な関係があるのは、C型肝炎ウイルスです。
A型肝炎ウイルスは、予後が良好で、慢性化することはありません。

2.原発性肺がんの大部分は、腺がんです。

3.p53は、がん抑制遺伝子です。

4.癌細胞が最初に発生した部位から、血液や体液などの流れにより、別の部位へ転移することを播種といいます。
よって、正しい答えとなります。

5.腸上皮化生は、胃がんの前がん状態です。

2016/09/19 20:09
ID : hvhomzxu
0

正解は 4 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/加齢・疾患に伴う変化からの出題です。

1:肝炎ウイルスのうち、肝細胞がんと関連が深いのは、B型とC型の肝炎ウイルスです。A型肝炎ウイルスは急性肝炎を起こしますが、慢性肝炎にならなりません。

2:原発性肺がんは気管支肺胞系の上皮細胞から発生するがんです。原発性組織型分類には扁平上皮がん、腺がん、小細胞がん、大細胞がんがありますが、このうち頻度が最も高いのは腺がんです。

3:p53は、がん抑制遺伝子の一つです。関係するのは主に、大腸がん・胃がん・肝細胞がん・肺がんなどです。

4:文章の通りです。腫瘍細胞が腹腔や胸腔表面に広がって、種を播くように転移することを播種性転移といいます。

5:腸上皮化生は、胃がんの前がん状態です。

2016/04/04 09:35
ID : oovsedpp
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。